ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

IFA 2014 : Sony Mobile、新フラッグシップスマートフォン『Xperia Z3』を正式発表、さらにスリムになってハイレゾにも対応、デザイン・カラバリも一新

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Sony Mobileは9月3日、『Xperia』スマートフォンの最新フラッグシップモデルとなる『Xperia Z3(D6603/D6633/D6643/D6653/D6616/L55u/L55t)』を正式に発表しました。

『Xperia Z3』は2014年春に発売された『Xperia Z2』の後継となる5.2インチスマートフォン。『Xperia Z』~『Z2』までのカラーラインアップを一新したほか、フレームを全体的に丸くして手のフィット感を改善しています。また、本体の厚みを7.3mmにまで削ったり、ディスプレイ両端のベゼル幅も2mm未満に削ったりするなど、全体的にスリム化しています。もちろん、防水・防塵に対応しているのですが、IP65/IP68の最高レベルの防水に対応しています。


『Xperia Z3』のプロセッサは『Snapdragon 801』2.5GHzクアッドコア(MSM8974AC)、メモリは3GB RAMと16GB/32GB ROM(Micro SD最大128GB)を搭載。バッテリー容量は3100mAhと、『Xperia Z2』よりも100mAhほど減りましたが、内部の改良によって使用時間は延びたとされています。Sony Mobile曰く、「2日は持つ」とのことです。

リアカメラは背面に2070万画素のExmor RSですが、レンズは25mmにアップグレードされました。また、ISO値は最大12800まで選択可能になりました。『Xperia Z3』でも4K(3840×2160ピクセル)動画の撮影も可能です。前面には220万画素カメラを搭載しています。オーディオ機能では、S-Foruceサラウンド対応のフロントステレオスピーカーやデジタルノイズキャンセリング機能を搭載しているのは『Xperia Z2』と同じ。『Xpeira Z3』では、DSEE HXに対応したほか、ハイレゾ音源の再生にも対応するヘッドホン(MDR-1Aなど)を利用した場合、可能になりました。

『Xperia Z3』シリーズは『PlayStation 4』のDUALSHOCK4を利用可能です。スマートフォンのゲームをDUALSHOCK4でプレイできるということです。

OSはAndroid 4.4.4(KitKat)を標準搭載。カラバリはブラック、ホワイト、カッパー、シルバーグリーンの4色に拡大されました。ホワイトカラーについては、前面までホワイトです。白いスマートフォン好きにはたまらない機種ですね。『Xperia Z3』のラインアップはセルラー機能の対応によって、D6603、D6633、D6643、D6653、D6616、L55u、L55tの7モデル。D6633はデュアルSIM版です。基本的には全てLTEに対応しています。注意点としては、『Xperia Z3』で挿せるSIMカードの形状がNano SIMに変わりました。

OS:Android 4.4.4(KitKat)
サイズ:146 x 72 x 7.3mm、質量は152g
ディスプレー:5.2インチ、解像度1920×1080ピクセル(Full HD)、TFT液晶、TRILUMINOSディスプレイ、X-Realityエンジン、1677万色、マルチタッチ(最大10点)
SoC:Qualcomm Snapdragon 801 MSM8974AC 2.5GHzクアッドコア
GPU:Adreno 330
メモリ:RAM 3GB、内蔵ストレージ16GB/32GB(D6616のみ)、microSD/microSDHC/microSDXC(最大128GB)
リアカメラ:2070万画素(1/2.3型Exmor RS、シングルLEDフラッシュ、BIONZ画像処理チップ、F2.0 25mm Gレンズ、3倍のClear Image Zoom、8倍のデジタルズーム、 ISO値 12800、おまかせプレミアムオート、HDRムービー撮影、無限連写、動画は最大2160p)
フロントカメラ:220万画素CMOS(動画は最大1080p)
対応周波数:-パケット通信:2G GPRS/EDGE、3G DC-HSDPA(下り最大42Mbps/上り最大5.76Mbps)、LTE cat4(下り最大150Mbps/上り最大50Mbps)
通信機能:Wi-Fi a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz帯)、ANT+、Bluetooth v4.0(apt-Xコーデック対応)、ワイヤレスディスプレイ(Miracast)、DLNA、NFC(Type-A/B)
外部端子類:micro-USB(MHL 3.0対応)、3.5mmオーディオジャック、マグネット充電端子
センサー:加速度、ライト、近接、デジタルコンパス、ジャイロ、気圧、GPS/GLONASS
バッテリー:3,100mAh
カラー:ブラック、ホワイト、カッパー、シルバーグリーン
SIM:Nano SIM
その他:バッテリーSTAMINAモード、Clear Audio+、Clear Phase、Clear Stereo、xLOUD、DSEE HX、Sony Network Entertainment、TrackID TVなど
Source : Sony Mobile


(juggly.cn)記事関連リンク
IFA 2014 : Samsung、フレキシブルディスプレイを採用して側面も表示領域にしたAndroidスマートフォン「Galaxy Note Edge」を発表
IFA 2014 : Samsung、5.7インチWQHDディスプレイを搭載した手描き入力対応スマートフォン「Galaxy Note 4」を正式発表
IFA 2014 : Sony Mobile、Xperia Z3シリーズでPlayStation 4 Remote PlayとDUALSHOCK 4をサポート

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP