ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VAMPS、ニューシングル「VAMPIRE’S LOVE」のジャケ写&収録内容解禁!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

VAMPSが10月8日に発売する映画『ドラキュラ ZERO』日本版イメージソングのニューシングル「VAMPIRE’S LOVE」のジャケット写真、収録内容、そして初回限定盤Bに付くストーリーブックの詳細が明らかになった。

今作のジャケット写真、アートワーク、そしてストーリーブックを手掛けているのは、以前よりHYDEが作品を見て気になっていたというイラストレーター、佳嶋(かしま)氏だ。8月24日(日)にVAMPSが開催した恒例の夏の野外イベント「BEAST PARTY」の終演後にサプライズで初公開され、「涙が止まらなかった」「もう一度早くみたい」などファンの間では話題となっている「VAMPIRE’S LOVE」のMVの登場人物を、その独特のタッチのイラストで描いているのが今回のジャケット写真、アートワークだ。初回限定盤Bに付くストーリーブックは、文字通りそのMVのストーリーを忠実に再現した内容となっているとのことだ。

また、収録内容は、英語ヴァージョンのメイン・トラック、日本語歌詞のピアノ・ヴァージョン、そしてEDMを得意とするリミキサー、Kevin Bretonが手掛けたリミックス、映像部分では前述の「VAMPIRE’S LOVE」 のMVとそのメイキングが3 形態の商品に収録される。アートワーク、収録曲、MVと「VAMPIRE’S LOVE」の世界観を多角的に楽しめることになりそうだ。

シングル「VAMPIRE’S LOVE」
2014年10月8日(水)発売
【通常盤】(CD)
UICV-5034/¥1,000+税
<収録曲>
VAMPIRE’S LOVE
VAMPIRE’S LOVE – Piano Ver. –
VAMPIRE’S LOVE – Kevin Breton Remix –

【初回限定盤A】(CD+DVD)
UICV-9064/¥1,600+税
<収録曲>
VAMPIRE’S LOVE
VAMPIRE’S LOVE – Piano Ver. –
VAMPIRE’S LOVE – Kevin Breton Remix –
<DVD収録内容>
VAMPIRE’S LOVE -MUSIC VIDEO-
VAMPIRE’S LOVE -MAKING-

【初回限定盤B】(CD+ストーリーブック)
UICV-9065/¥2,800+税
◆ジャケット:A4サイズ相当
<収録曲>
VAMPIRE’S LOVE
VAMPIRE’S LOVE – Piano Ver. –
VAMPIRE’S LOVE – Instrumental –

「VAMPS LIVE 2014-2015」
11月01日(土) 福岡 ZEPP FUKUOKA
11月02日(日) 福岡 ZEPP FUKUOKA
11月04日(火) 福岡 ZEPP FUKUOKA
11月05日(水) 福岡 ZEPP FUKUOKA
11月14日(金) 名古屋 ZEPP NAGOYA
11月15日(土) 名古屋 ZEPP NAGOYA
11月17日(月) 名古屋 ZEPP NAGOYA
11月18日(火) 名古屋 ZEPP NAGOYA
11月21日(金) 札幌 ZEPP SAPPORO
11月23日(日) 札幌 ZEPP SAPPORO
11月24日(月・祝) 札幌 ZEPP SAPPORO
12月05日(金) 大阪 なんばHATCH
12月06日(土) 大阪 なんばHATCH
12月08日(月) 大阪 なんばHATCH
12月09日(火) 大阪 なんばHATCH
12月11日(木) 大阪 なんばHATCH
12月12日(金) 大阪 なんばHATCH
12月14日(日) 大阪 なんばHATCH
12月15日(月) 大阪 なんばHATCH
<2015年>
01月13日(火) 東京 ZEPP TOKYO
01月14日(水) 東京 ZEPP TOKYO
01月17日(土) 東京 ZEPP TOKYO
01月18日(日) 東京 ZEPP TOKYO
01月20日(火) 東京 ZEPP TOKYO
01月21日(水) 東京 ZEPP TOKYO
01月24日(土) 東京 ZEPP TOKYO
01月25日(日) 東京 ZEPP TOKYO

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
VAMPS オフィシャルHP
VAMPSの手がける映画『ドラキュラZERO』日本版イメージソングがついに解禁!

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP