ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

読書習慣がすっかり浸透?トイレに持ち込みたい漫画ベスト3が話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近では自宅のトイレに長時間こもり、その時間を読書に充てるという人々が急増しているが、そうした世情を反映してか、現在『3大トイレに置いておきたい漫画「銀魂」「クッキングパパ」』というスレッドが話題となっている。

その名の通り、このスレッドでは、例として挙げられた2作品に加え、それぞれが「トイレに持ち込みたい」と考えている漫画作品を挙げるという内容であるが、そのラインナップは実に様々。

<以下、ユーザーの案>

『ギャグマンガ日和』

『どーんとドラゴンキッドくん』

『エルフェンリート』

『酒のほそ道』

『ドリフターズの2巻』

『孤独のグルメ』

『あのこにウインク』

『こち亀』

『ヤンキー漫画の三郎』

『鉄鍋のジャン』

『トイレット博士』

…と、発表時期の新旧に関係なく、定番系からマニアック系まで実に幅広い作品が目白押し。一説には、長時間、トイレに籠って読書をし続けるという行為は、健康上あまり好ましくないとも言われているが、いずれにしかり、こうした習慣は、確実に我々日本人の間に浸透し、定着しているようである。

文・島田克彦

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP