ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

見栄晴が大満足! 備長炭でじっくりと焼きあげるこだわりの干物料理専門店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月2日放送の「なないろ日和!」(テレビ東京系、毎週月~木曜午前9時28分)、「なないろグルメ調査隊」のコーナーでは、「築地de旬の魚介ざんまい」と題し、タレントの見栄晴さんが「炭火焼 干物食堂 越後屋八十吉」(東京都中央区)を訪れた。

干物料理専門店の同店には、こだわりの定番から希少なものまで、築地市場の仲卸からその時期一番良い産地の干物が毎日届けられるという。人気の秘密は、備長炭でじっくり焼き上げることで魚本来のうまみを凝縮していることにある。干物を焼く際、炭を調節して強火の部分と弱火の部分を作り、置く場所を変えながら焼いているという。まず見栄晴さんは、干物の王道「極上しまほっけ一尾」をいただいた。はじめに強火で表面を焼き、中はジューシーになるよう徐々に熱を入れていると聞き、その職人技に「すげー!」と声を上げた。続いて、なかなかお目にかかれないという「メカジキ背びれ肉炙り」を食すことに。

「メカジキ背びれ肉炙り」に豪快にかぶりついた見栄晴さんは「脂が乗っててうまいもん、これ。でも魚なのでサッパリした脂ですね」と、その味に大満足の様子だった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:炭火焼 干物食堂 越後屋八十吉(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:銀座のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:銀座×居酒屋のお店一覧
スイーツだけどヘルシー! 高知野菜を使った女性に人気のベジスイーツ
全国各地の新鮮な生ガキや豪快な名物料理・がんがん焼きを味わえるお店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP