ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全国各地の新鮮な生ガキや豪快な名物料理・がんがん焼きを味わえるお店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月2日放送の「なないろ日和!」(テレビ東京系、毎週月~木曜日9時28分)、「なないろグルメ調査隊」のコーナーでは、「築地de旬の魚介ざんまい」と題し、タレントの見栄晴さんとすしざんまい社長の木村清さんが「築地カキセンター カキ小屋 築地食堂」(東京都中央区)を訪れた。

 同店は、2014年4月に築地場外市場にオープンしたカキの専門店。毎朝仲卸を通じて状態の良いカキを全国各地から取り寄せている。数あるメニューの中でも、秋の新メニュー「オイスタープラッター」(2人前から)は、新鮮な生ガキを同店自慢の4種類のオリジナルソースでいただく一品だ。そして、同店の名物料理が「がんがん焼き」。缶の中にカキやハマグリなどを入れ、フタをして蒸し焼きにする。蒸すことで味が詰まるのだという。

 「オイスタープラッター」のカキをゆずポン酢のみぞれソースで食べた木村さんは、親指を立てておいしさを表現。見栄晴さんは「このポン酢、さっぱりしていいですね、合う!」とコメントした。また、「がんがん焼き」のカキを食した見栄晴さんは「色々な貝のだしが全部にうまく(行き渡っている)」と素材のうまみと企業秘密だという同店独自の味に感心していた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:築地カキセンター カキ小屋 築地食堂 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:築地のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:築地×和食のお店一覧
スイーツだけどヘルシー! 高知野菜を使った女性に人気のベジスイーツ
全国各地の新鮮な生ガキや豪快な名物料理・がんがん焼きを味わえるお店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP