ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

14試合で防御率0.91、奪三振数126!ルーズショルダーで連投した男・伊藤智仁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2003年10月25日、秋季コスモスリーグのヤクルト×巨人戦、ヤクルト側の3番手として登板したのは、背番号21番の伊藤智仁(当時33)。この日が約1年ぶりの実戦登板となった伊藤は、打者3人に対して17球を投じ、内野ゴロで1アウトこそとったものの、2つの四球を与え、マウンドを降りた。かつて、並み 居る強打者をねじ伏せたMAX153km/hの剛速球は見る影もなく、この日の最速はわずか109km/h。「復活を賭けた戦い」としてみれば、あまりに寂しい結果となったが、マウンドでボールを握りしめる伊藤の表情は、どこか満足げなものであるかのように映った。

1993年秋のドラフトにおいて、目玉として注目された伊藤は、ヤクルトから1位指名されて入団。翌94年は開幕まもない4月20日の阪神戦で、150km/hを超える速球と、真横に滑る自慢の高速スライダーを武器に、阪神打線を7回2失点、10奪三振を奪う快投ぶりを見せ、デビュー戦を飾る。その後も新人離れしたピッチングを披露し続けた伊藤だったが、ルーズショルダーを抱えた中での連投に肘を故障。実質的に実働3ヶ月でデビューシーズンを終えた。しかし、14試合の登板で7勝2敗、防御率0.91、奪三振数126という、並外れた成績で、この年の新人王を獲得することとなる。

しかしその後、伊藤は度重なる故障に泣かされる形で、不本意なシーズンが続くこととなった。97年には当時の守護神・高津臣吾の代役として7勝2敗19セーブを挙げ、カムバック賞を獲得するも、繰り返される肘痛・肩痛と戦いながらの苦しい毎日。それでもかつてのピッチングを取り戻そうと、2002年オフ、伊藤は球団側から引退勧告が行われたものの、文字通りの「ラストチャンス」として願い出て、史上最大となる88%減の年俸で契約し、現役を続行する。そして、翌年、再起を掛けて1年間の練習の末にたどり着いたのが、冒頭で触れた、ラスト登板であったのだ。それから4日後の10月29日、球団からの勧告を受け入れた伊藤は、現役生活に終止符を打ち、ユニフォームを脱いだ。

実働7年間で記録した伊藤の成績は、37勝27敗25セーブ、 防御率2.31、548奪三振。当時、監督を務めていた名将・野村克也をして「長いこと監督をやってきたけど、あいつがNo.1だよ」と言わしめた逸材は、その期間こそ短いながらも、本拠地・神宮の夜空に咲く大輪の花火のごとく、その鮮烈なイメージを、我々ファンの心に刻み込んだ名投手であったと言えるだろう。

文・吉竹明信Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP