ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「餃子の王将」渋谷ハチ公口店はハードワーカー激戦区!オリジナルメニューに注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一日平均200万人以上が利用する渋谷駅近郊には、ネット系企業や大手企業をはじめ、多くの会社やお店が存在している。都会の荒波に揉まれながら朝から晩まで働く”ハードワーカー”は、今日も額の汗を拭って仕事に勤しんでいる。

渋谷のハードワーカーたちの中で今人気のスタミナ飯が、「餃子の王将渋谷ハチ公口店」のオリジナルメニュー「冷し牛塩ラーメン」だ。

同店は、JR渋谷駅ハチ公口から徒歩1分の場所にある。年中無休で営業をしており、オープンは11時から。ラストオーダーは日・月曜日は午前0時、火・水・木曜日は1時、金・土曜日は2時となっている。席数は41席。サラリーマンのお客さんが多く、昼時にはランチメニューが人気だ。夜になると仕事終わりの常連客が訪れ、ビールと一品料理を注文するという。同店は、一日あたり700人前以上の餃子が販売されるほどの人気店だ。

そんな、渋谷ハチ公口店のオリジナルメニュー「冷し牛塩ラーメン」について、店長の加藤純司氏は次のように話す。

「冷やし牛塩ラーメンは6月から開始しました。牛肉を上手く使って料理を作りたかったんです。さらにそれと合うように、キュウリやトマトを使って爽やかな味わいに仕上げました」。

では、実際どんな味なのだろうか。同店に週2、3回足を運ぶ22歳男性会社員によれば、「週に1度はこのメニューを食べます。麺がさっぱりしていて、食べやすいんです」とのこと。また、30代女性会社員は「スープがあっさりしていて残さず飲めちゃいます。全体的にヘルシー」とも。冷し牛塩ラーメンは、さっぱりな仕上がりとなっていて、暑い季節にぴったりな一品のようだ。

ほかにも、ランチのみのメニューとして「やわらか鶏のつけ麺ランチ」があり、こちらも人気だという。冷し牛塩ラーメンとは対照的に、こってりな味わいが特徴的だ。

なお、同店ではオープンキッチンを採用しており、お客さんが座るカウンター席のすぐ目の前がキッチンになっている。料理が完成すると、わずか1秒で注文したメニューが出てくるので、お客さんは作り立ての料理を楽しむことができる。そんな「餃子の王将」渋谷ハチ公口店で、ぜひ出来立てのオリジナルメニューを味わってみてはいかがだろうか。

【参照リンク】

・餃子の王将

http://www.ohsho.co.jp/ Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP