体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界と音楽を繋げるアプリ「Shazam」 — Shazam Entertainment 音楽チームディレクター Will Mills氏 インタビュー

エンタメ

世界と音楽を繋げるアプリ「Shazam」 — Shazam Entertainment 音楽チームディレクター Will Mills氏 インタビュー
今回は、スマホをかざすだけで知らない音楽・楽曲の曲名を調べられ、タグ付けできることでお馴染みのアプリ「Shazam」を提供する、Shazam Entertainmentの音楽チームディレクターのWill Millsさんにお話しを伺いました。

Shazam:http://www.shazam.com/

昨今、国内の有識者の間では「音楽との出会いの場」「音楽発見の機会」が盛んに議論されており、その出会いを提供する重要なツールの一つであるのが音楽情報検索アプリ「Shazam」。ライヴやフェス等で良いと思った音楽も、その場で情報を知るのと知らないのとでは、興味の持続性が全く違ってくるでしょう。音楽にそもそも興味の無い若者が増えているという話しもささやかれる現在だからこそ、音楽への出会い・興味を持つ機会損失を防ぐShazamのようなソーシャルアプリが果たす役割は重要だと思われます。

海外では、すでに音楽分野にとどまらず、TVのセカンドスクリーンとして、またブランドサポートの仕掛けとして、様々なテイストグラフ形成の役割を果たしています。

基本サービスは2000年にスタートしていたという「人と興味をつなぐ」ソーシャルサービスShazamに、日本に対する見通しも含め、改めて迫ってみました。

取材・文:Jiro Honda(Musicman-NET)、Jay Kogami(All Digital Music
2013年5月10日掲載

Shazamを初めて知る読者のために、Shazamアプリを簡単にご説明頂けますか?

Will Mills:Shazamは、200ヶ国以上と33の言語環境で、3億人以上を好きな音楽やテレビ番組、ブランドでつなぎます。Shazamは、世界をリードするメディア・エンゲージメント企業であり、史上最もダウンロードされたトップ10 iPhoneアプリの一つです。

iOS、Android、BlackBerry、Windows 7など主要プラットフォームに対応していまして、iTunes、Amazon、Android Market、Nokia Storeなど主要なアプリストアで入手できます。

また、ShazamはAT&T、T-Mobile、Vodafoneなど世界中の携帯キャリアとも提携しており、消費者向けサービスを向上するマーケティング戦略をサポートしています。

Shazamのアイデアは、そもそもどこから始まったのでしょうか?

Will Mills:当初のアイデアは、「どんなに騒がしい場所でも人々の背後で流れている楽曲情報を知ることができる、簡単な分かりやすいサービスを作る」という非常にシンプルなものでした。

アプリの開発期間はどの位でしたか?

Will Mills:創業者たちは、英国の人々と身の回りで流れているけれど曲名を知らない音楽とをつなぐシンプルなサービスとして、Shazamを2000年に立ち上げました。その約2年後に、SMSサービスとして提供を開始しました。

1 2 3 4次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会