ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

文字を読もうと眉間に皺寄せるより老眼鏡の方が1万倍は得策

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 なんだか最近近くの文字が読みづらいな…。そう、老眼ですが、その言葉に抵抗を持つ人も。頑なに「遠視です!」と言い張る人もいますが、『ヒルナンデス』(日本テレビ系)などで活躍するファッションプロデューサーの植松晃士さんは、老眼を認める方が良いと語ります。

 * * *

 実は私、最近、近くを見るための眼鏡を作りました。というのも、文字が見づらくなったせいでLINEやメールでの業務連絡が億劫になった自分を反省したからです。

「文字が見えにくい」というのは恐ろしいことです。メール一通を読むにしても細かい文字を目で追うことが面倒臭いので、その内容を理解したつもりでいても頭に入っていなかったり。ちょっとした思い違い、勘違いも、元をただせば細かな文字の見えにくさにありました。

 皆さんも、身に覚えがあるでしょう? たとえばトリセツを読まなくなる。文庫本を読まなくなる。

 トリセツといえば最近の家電は洗濯機のようなものでさえ、意外と取り扱いが難しいものです。ましてや人間関係や仕事でかけてしまった迷惑は、家電のようにリセットできません。

 体の衰え自体は悪いことではありません。でも、それを放置して見ない振りをしているのはいけませんね。このコラムを読むのも少々つらいのに、老眼鏡を持っていないあなた。今すぐ、眼鏡屋さんにGO!です。

 今どきの眼鏡屋さんには、カラフルな眼鏡がたくさん揃っています。ネックレスタイプなどもあってバリエーションも豊富です。

 老眼を恥じることなんてない。それよりアイラインが妙に太かったり、ヨレていることのほうがずっと恥ずかしいこと。

 それから、文字を読もうとして眉間にシワを寄せたり、「見えないから、お願い」と、人に頼ったり。あるいは、いろんなことに目をつぶって、口先だけで適当なことを言ってしまう失態に比べたら、老眼鏡をかけるほうが、1万倍は得策です。

 それでも老眼という言葉に抵抗がありますか? 特に“老”がイヤ? そんなかたのために、私は「大人め」という言葉をつくりました。老眼鏡をかけたら「おしゃれめ」って、なんかかわいいでしょ。

 日本女性の平均寿命は86.61才ですよ。「人生50年」の時代から考えたら、巷のオバさんたちのほとんどは、「オマエはもう死んでいる」状態って、恐ろしいやら、喜ばしいやら。

 いずれにせよ、この円熟期をどうエンジョイするか。先の長い私たちの一大テーマになりそうですね。オバさん、万歳!

※女性セブン2014年9月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
老眼鏡 不便感じるなら早めにかけた方がいいと眼科医指摘
老眼 目いい人なりやすい?回復方法は?100均老眼鏡はOK?
老眼の疑問 老眼鏡は駅売店のでいい? レーシックで治る?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。