ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンクと連携のTポイントカード その都度使うのが吉

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 TSUTAYAやカフェなど多くの店舗でポイントが貯められる『Tカード』が、新たにソフトバンクと連携を開始。毎月の利用料金1000円(税抜き)につき5ポイント貯まり、1ポイント=1円で使える。提携店で買い物のほか、ソフトバンクの一部商品や、買い替えの際の端末代にも使用できるなど、活用の幅が広がっている。

 約230種類のポイントを扱う、ポイント交換案内サービス『ポイ探』を運営する菊地崇仁さんはこう解説する。

「持っている人が多い割に、意外と活用していない人も。貯めていても利息がつかないので、電子マネー感覚でその都度使うといい」(以下同)

 Tポイントの賢い使い方として、まず言えるのは溜まったらすぐに使うということだという。

「ポイントの付与率はお店によって異なります。ファミリーマートなら200円につき1ポイント。1年間使用しないと失効してしまいます。また、ポイントで支払っても、その分またポイントがつくのでその都度使ったほうがお得です」

 公共料金の支払いにポイントを使うこともできる。

「公共料金の支払いにポイントが使えるサービス『Yahoo!公金支払い』(Yahoo!JAPANのIDが必要)も便利。サービスに登録すれば、自動車税や水道料金、NHK受信料などの支払いの際、貯まったTポイントを使えます」

 さらに、毎月のケータイの支払いにポイントを使えるようになる。ソフトバンクユーザーで『Tカード』を持っているなら、ソフトバンクショップで連携手続きを。持っていない場合は、ソフトバンクショップにて無料で発行可能。今なら白戸家お父さんデザインのオリジナル 『Tカード』がもらえる。

※女性セブン2014年9月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
iPhoneのキャリア「友達に多いほうを選ぶべき」と専門家助言
スマートフォン キャリアによっては年間最大12万円の差つく
iPhone4S 3か月使えば料金的にはソフトバンクのほうが得

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP