ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

IFA 2014 : Lenovo、Intelの64bitクアッドコアプロセッサを搭載した$199からの低価格Androidタブレット『Lenovo Tab S8』を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫


米Lenovoは9月3日、Intel の 64bit 対応クアッドコアプロセッサを搭載した新型Androidタブレット『Lenovo Tab S8』を『IFA 2014』の開幕に先立ち正式に発表しました。LenovoによるIntelベースのAndroidタブレットはこのモデルが最初になります。

『Lenovo Tab S8』は、8 インチ 1920×1200 ピクセルのIPS液晶ディスプレイを搭載した小型モデル。厚さ7.9mm・質量299gのスリムで軽量、スタイリッシュなボディと、Wi-Fiモデルがたったの$199と低価格なところが売りです。タブレットの形状は『Yoga Tablet』とは違ってフラット型です。

『Lenovo Tab S8』に搭載されたプロセッサは『Intel “Bay Trail-T” Atom Z3745』1.33GHz/1.86GHzクアッドコア。このほか、2GB RAM、16GB ROM、Dolbyの音響補正機能に対応したフロントステレオスピーカーを搭載。カメラは背面に800万画素(F2.2 レンズ)と前面に160万画素を搭載しています。ワイヤレス通信機能は、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0に対応。LTEモデルも今後発売されます。バッテリー容量は 4290mAh。筐体サイズは209.8×123.8×7.9mm、質量は299g(Wi-Fi モデル)。

Source : Lenovo


(juggly.cn)記事関連リンク
Moto G2の製品パッケージ写真が流出
Open webOSをAndroid端末に移植する「LuneOS」プロジェクトが始動、第1弾は4機種のAnroid端末をサポート
Nexus 5の64GBモデルがNexus X(Nexus 6)と同時に発売されるという噂

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。