ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

青空文庫をLINEの会話風に読める! 捗るサービス「文豪メッセンジャー」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「文豪メッセンジャー」スクリーンショット
著作権の切れた国内外の文芸作品を中心に、多数の作品をフリーで公開しているWebサービス「青空文庫」。

今回、「青空文庫」の作品URLを入力すると、トークアプリ「LINE」でメッセージをしているかのように、会話風にその作品を読み進めていく「文豪メッセンジャー」が公開された。

……言葉で説明してもどういうことなのかよくわからないと思うので、早速やってみた。

1:まずは青空文庫のサイトから自分の気になる作品を探す

2:気に入った作品を見つけたら、その作品のURLをコピーして、青空から現世に文豪を召喚

3:すると「LINE」のメッセンジャーのような画面が出現し、下カラムのトークを押すと…

4:その作品の本文から「」で括られている文章を抽出

まるで「LINE」でトークをしているかのように読み進めていく。ちなみに「文豪メッセンジャー」はスマートフォンからでも使用可能。通勤途中などでも楽しむことができる。

「文豪メッセンジャー」を開発したのは、@miyaoka(https://twitter.com/miyaoka)さん。説明の箇所には、本サイトを開発した趣旨として“文豪とメッセンジャー友達だったら小説読むのが捗るんじゃないか的な”と記されている。

すでにTwitterやFacebook、はてなブックマークなどで大きな話題を呼んでいる「文豪メッセンジャー」。普段小説を読まない人も、「LINE」しているような錯覚になれば、意外とサクサク読めるかもしれない。

引用元

青空文庫をLINEの会話風に読める! 捗るサービス「文豪メッセンジャー」

関連記事

フォルダで名作を読破? 真面目にサボれる「文学フォルダ」登場
集英社が新ラノベ文庫「ダッシュエックス」創刊! イラスト陣が豪華すぎる
【デートで行きたい♡】女子に人気の二郎系ラーメン店をレポート

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP