ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「デング熱」の「デング」って何?ネット上で諸説紛紛

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京・渋谷区にある代々木公園から感染者が広まったと報じられている「デング熱」について、現在、ネット上では「ある素朴な疑問」が話題となっている。それは「デング熱」の「デング」とは、一体何なのか?というものだ。

その名もズバリ『デング熱の「デング」ってなに?』というスレッドによると、ネット上のユーザーからは下記のようなコメントが。

「焼肉つかむあれ 」

「おじゃる丸に出てくる虫」

「カップ焼きそばじゃね 」

「サッカーオランダ代表のMF」

「おでんの具」

「なんとかの納め時って言うじゃん 」

「デヨングの略」

「ACミランのオランダ人か」

「プロレスの試合開始で鳴らすやつ 」

「ご飯にかけると美味しいピンク色のアレ 」

「ペンギンのクレイアニメ」

「ウイルスミスの超人やってる映画のことだよね 」

「万年筆とかに必要なやつか 」

「ボクシングの試合とかで選手が戦う場所だろ?」

…と、いずれも『魁!!男塾』の作中で「民明書房刊」とされてしまいそうな説が相次いだが、なかには時折、「1860年イギリスのアルフレッド・デング博士が病原菌を発見したためその名からデングフィーバーと名付けられた」といったものなど、「それらしい説」を唱えたユーザーも。

なお、詳しくはご自身の手でお調べ頂きたいが、この「デング」、結論から言ってしまうと、その語源については、今なお明らかとなっていない。ただ、スペイン語で引きつりや強張りなどの状態を示す「dengue」という言葉に由来するという説があり、それがひとまずのところの「正解」と考えて差し支えなさそうだ。

文・今岡憲広

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP