ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【秋といえば…?!】”ぶどう”を使った新作スイーツ3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月に入り、スイーツ業界もすっかり秋の気配。各社から、我々の目に楽しい魅力的なスイーツが続々発売され始めている。中でもぶどうは、近年新種の発売が相次ぎ、それぞれの特長をふまえたスイーツが続々登場中。そこで今日は、品種にこだわった新発売のぶどうスイーツをまとめてご紹介。

1.【銀座コージーコーナー】<ナガノパープル>メニュー

ナガノパープルとは、種がなく、皮ごと食べられる大粒の品種。今秋、銀座コージーコーナーでは、カフェ・レストラン併設27店舗で、この希少な長野県産ナガノパープルを使ったメニュー3品を販売予定。

なかでも「長野県産 ワイン香るナガノパープルのボロネーゼ」 は、じっくり煮込んだミートソースにナガノパープルのワインコンポートを組み合わせた、新感覚のフルーティなパスタ。ソースのまろやかなコクにナガノパープルの芳醇な香りと爽やかな甘みが調和した、濃厚でありながら繊細な味わいが魅力。9月8日より販売予定。(http://www.cozycorner.co.jp/index.html)

2.【ジョナサン】<シャインマスカット>のデザート

ジョナサンは、「皮ごと食べられる青ぶどう」として今大人気の、シャインマスカットに注目。シャインマスカット単品でも食べられるほか、サンデーやパフェとしても楽しめる。季節限定の爽やかな甘みを、ぜひ堪能してみて。(http://www.skylark.co.jp/jonathan/)

3.【シャトレーゼ】<三種(ピオーネ・シャインマスカット・巨峰)のぶどう餅>

最後はシャトレーゼから、ピオーネ・シャインマスカット・巨峰の3種類のぶどうの食べ比べもできる、「三種のぶどう餅」をご紹介。「ぶどう餅」とは、山梨県産種なしぶどうを、求肥で包んだ“新感覚和菓子”。 求肥のもちもち食感と、みずみずしいぶどうの対比が、一度食べたらクセになる味。手土産にもGood!(http://www.chateraise.co.jp/products/detail.php?product_id=1001037&category_id=41&products_type=)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP