ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゲームはカップルの心をひとつにできるのか!?SCEが壮大な検証実験を開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“ゲーム好き”というと、どうしても1人の世界にこもりがち。特に夏ともなれば、涼しい部屋で、よりその傾向が顕著に現われているかもしれない。恋人としては、ゲームが疎ましい存在となり、時に2人の仲を隔ててしまう原因になり得るのではないだろうか。

ソニー・コンピューターエンターテイメント(SCE)は、東京・港区の六本木ヒルズの映画館を貸し切って、そんなゲーム好きな彼氏とゲームに嫌悪感を抱く彼女に壮大な検証実験を仕掛けた。映画の試写会としか聞かされていないカップルたちは、当日、いきなり映画館の大型スクリーンでゲーム「The Last of Us(ラスト・オブ・アス)」をプレイ。

その様子が29日、公開された本動画「世界一のゲーム VS 俺の彼女」で紹介されている。実験では、カップルに脳波測定器を装着して脳波を計測し、お互いの波形が一致していく模様を収録。ゲームに目を輝かせる彼氏とは対照的に、無表情でまるで興味のない彼女が映し出されるとカップルの修羅場を連想させ、見ている方が心配になるほどだ。

【動画】http://youtu.be/XOonwfbcpy4

脳波解析の結果、ゲーム嫌いの彼女10人中人7の熱中度(α波)が増大。平均で134%、最大で189%も増加した。つまり、ゲームに嫌悪感を抱く彼女でも「The Last of Us」によって、集中・興味関心を表わすα波が放出された。この事実は、彼女がゲームの趣味を理解してくれないと悩む男性にとって朗報かもしれない。

今回、実験に使用したPS3専用ゲーム「The Last of Us(ラスト・オブ・アス)」は、全世界で累計販売本数が600万本を突破した大ヒット作。2014年度には英国アカデミー賞ゲーム部門でベストゲーム賞などの受賞をはじめ、世界各国のメディアからも賞賛を受ける今最も注目を集めているゲームだ。

同作は謎の寄生菌によってパンデミックの発生したアメリカを舞台に、中年男性ジョエルと14歳の少女エリーが、感染者や敵対する生存者などがもたらす危機的な状況から生き残るサバイバルアクション。戦闘の爽快感さだけでなく、ジョエルとエリーの信頼関係に重きを置いた物語も魅力となっているので、その点からもカップルにはまさにうってつけではないだろうか。

ゲームの世界観にカップルで一緒に入り込める「The Last of Us」。21日にはPS4専用のリマスター版「The Last of Us Remastered」が発売された。ゲーム好きな男性は、「ゲームは時間のムダ」などだと言い切る彼女をあえてゲームプレイに誘うことで、今こそゲームの価値を訴えるチャンスなのかもしれない。

■参照リンク

「世界一のゲーム VS 俺の彼女」

http://youtu.be/XOonwfbcpy4 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP