ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

色々物議の「Hao123」テレビCM放映に、「こういうのを取り締まれ」と批判殺到

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国の検索エンジンBaidu(百度)が提供する「Hao123」が、最近になって民放各社でテレビCMを放映していることについて、現在、ネット上では「なぜこのようなサービスのCMが許されるのか?」といった疑問の声が巻き起こっている。

そもそも「Hao123」、これまで「無料ソフトをインストールしたら勝手に入っていた」「スタートページが固定された」「削除したくてもできない」「脅迫詐欺じみたダイアログが出た」などといったクレームが相次いだ”前科”があることで知られたサービス。そのため、そうしたサービスが、民放地上波のCMとして流れることに、強い不快感と警戒感をあらわにするユーザーが相次いでいる。

「なにが簡単クリック!だよ、ふざけんな」

「削除するのにどんだけ苦労させられたと思ってんだ」

「なんでこんなのCMやれるん?」

「テレビ屋さんは犯罪を幇助している認識が?」

「BPOはこういうのを取り締まれよ」

「スパイウエアのCMとか」

「金さえ払えばどんなCMでも許されるんですかねぇ…」

無論、「事故」でCMが流れることはまずあり得ないため、各局ともに「納得」した上で「Hao123」のCMを放映していると考えられるが、早くもこうした声が相次いでいる”問題作”だけに、今後、さらなる物議を醸しそうな気配だ。

【動画】http://youtu.be/zis9WIj2kio

文・今岡憲広

■参照リンク

Hao123体操 CP告知Ver

http://youtu.be/zis9WIj2kio 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP