ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

還暦を迎えた高中正義「40、50代はまだ小僧。人生は60から」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 バンドを作り、エレキギターを華麗に弾きこなすのがモテる男の条件だった1970~1980年代。その頂点に君臨していたのが、カリスマギタリスト、世界のTAKANAKAだ。1971年、つのだ☆ひろに誘われ、ベーシストとしてプロデビュー。その後、加藤和彦が結成したサディスティック・ミカ・バンドにギタリストとして参加。解散後はソロアーティストとしてサンタナとのジョイントライブを行なうなど、高中正義のプレイは世界の注目を集めた。

「いい時代だったよね。毎日、赤坂とか六本木で朝まで飲んだくれて。それでもギターを弾いていれば、お金も稼げたし、レコードも売れたからね。懐かしいというか、もう一度、あんな時代が来ないかなってマジで思ってる(笑い)」

 黒のサングラスに、ギター少年憧れのラグーンブルーのヤマハSG。14年前に引っ越してきたという軽井沢の自宅で、あの頃と少しも変わらず音と真正面から向き合っている高中も、昨年還暦を迎えた。

「朝は6時半に起きて、自転車に乗ったり散歩したり。毎日、時間を決めて腹筋や筋トレもやってます。で、寝るのは0時半。相変わらず記憶がなくなるほどお酒は飲んでいますが、健康的な生活ですね(笑い)」

 どこが!? と思わずツッコミを入れたくなるが、確かに15年前よりも若く見えるのだから不思議だ。

 9月3日にアルバム『SUPER STUDIO LIVE!』をリリース、ツアーも行なう高中。このアルバムは、名盤中の名盤と呼ばれる『JOLLY JIVE』(1979年12月)のリリース後に日本武道館で行なわれたライブを、同じ曲順、同じアレンジでスタジオ再現したもの。「フュージョン」というジャンルを世に知らしめたことで〝伝説〟と呼ばれたライブが、35年の時を経て現代に蘇る。

「40、50はまだ小僧。人生は60から。当時、ギターを弾いていたという人も、あの頃はできなかったという人も、オヤジバンドでも結成して、思いっきりギターを弾いてほしい! いろんなことを経験した分、いい音が出せるはずだから」

 身体のアチコチに付着した錆が、音に深みと厚みを加える。高中の“今”を聴けば、それが実感できる。この秋にはライブも予定されている(10月11日 愛知・Zepp NAGOYA、10月18日 大阪・森ノ宮ピロティホール、10月31日 東京・渋谷公会堂、12月4日追加公演 東京・渋谷公会堂)。

撮影■二石友希

※週刊ポスト2014年9月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
14歳天才ギター少年 5歳で「ハイウェイ・スター」を完コピする
ギター、水泳、ゴルフ…趣味の上達にYouTube活用が有効と識者
aiko 『ゲゲゲの女房』弟役・星野源と半同棲中との証言

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP