ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

五月みどり マネジャーである現夫の初仕事は3度目の離婚会見

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年の10月で75才になる五月みどりさんが、前向きな生き方の源を紹介した著書『五月みどり きれいのヒ・ミ・ツ』(主婦の友社/1512円)を出版した。

 19才で歌手デビューしてから、50年以上にわたって美しくあり続ける五月さんだが、その人生は波乱に満ちたものだった。1965年に芸能プロダクションの社長・西川幸男氏(故人)と結婚し、1男1女の子宝にも恵まれるも、1971年に離婚。

 1976年には、面高昌義氏(おもだかまさよし・故人)と結婚。しかし、1984年に2度目の離婚となる。

 そんな五月さんだが、その翌年に3度目の“結婚”を決める。お相手は20才年下の歌手、立花淳一だった。当時46才の五月さんは結婚式を挙げるも未入籍のまま1年4か月で破局を迎える。

「歌の上手な若いコというのが第一印象。声が素敵でね。応援したくなっちゃったのかな。おつきあいを始めてすぐに“好きだ、結婚したい”と結婚を申し込まれたんですよ。ただ3回目、しかも20才も年下というのは、さすがに世間体が気になりました。でも彼の親御さんも賛成してくれたし、純粋で一途な人だと思っていたから、今度こそって。ところがフタを開けてみたら、結婚式当日に彼の女性問題が発覚したり、その後も家に女性を連れ込んだり…。これは、どうにもならないなって(苦笑)」(五月さん、以下同)

 3度目の離婚会見を行った頃、ちょうど父親が他界。失意に暮れる五月さんを支えたのが、当時マネジャーだった現在の夫、逸見文泰さん(へんみふみやす・55才)その人だ。

「離婚記者会見が私のマネジャーとしての初仕事でした。会見が終わって部屋に戻った時“あぁ、私にはもう誰もいないのね”とつぶやいたら、“ぼくがいます”って。

 それはマネジャーとしての発言だったんだけど、私は“きみにはぼくがついている”という意味と勘違いして(笑い)。彼は偶然にも3番目の夫と同い年だったので、心のどこかで意識していたのかもしれないですね。

 でもタイプは正反対なんですよ。しばらくして男と女の関係になった時に、彼の気持ちを知りたくて“あなたはこの関係をどう考えてるの?”と聞くと、真剣な顔をして“一生の不覚です!”って(笑い)」

 取材中、横で話を聞いていた逸見さんは「イヤイヤ、いい言葉が見つからなかったんですよ。だって、マネジャーが商品であるタレントさんに手を出すのはタブーじゃないですか。でもその後のことを考えたら、“人生の落とし穴”にハマっちゃったという感じですけどね(笑い)」と頭をかいた。

 そんな逸見さんを評して五月さんは、「くそまじめだけど、おもしろい人でしょ」と笑う。誰が見てもお似合いの夫婦だが、五月さんは籍を入れてはいない。

「すごく気は合うんですけど、さすがにもう結婚はないですね。だって次も別れたら4度目でしょ(笑い)。籍も入れてませんし、ダメになったら別れればいいやって思っているんですけど、なぜかいつもそばにいるんですね」

※女性セブン2014年9月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元祖“熟女”73才の五月みどり 「今でもヌードになれます」
熟女ブーム 72歳五月みどり「29年ぶりに脱いでもいいかな」
五月みどり 一回目の離婚後それまで受けなかった仕事も受けた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。