ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Slow Music Slow LIVE ’14 in 池上本門寺ライブレポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11回目を迎えたSlow Music Slow LIVE ’14は、心配された雨がライブ中に一度も降らず、オーディエンスも出演アーティストも大いに音楽と都会の自然を楽しんで、大盛況の3日間となった。

初日8月29日の“Mysterious Moon” は、Salyuと中納良恵(from EGO-WRAPPIN’)という強烈な個性を持つ実力派女性アーティストの、夢の対バンだ。オープニング・アクトの久和田佳代は、昭和歌謡のテイストを強く持つボーカリスト。“リズム歌謡”というパンチの効いたスタイルで、笠置シヅ子のカバー「買い物ブギ」や、上京して初めて書いた「春になったら船に乗れ」を歌い、会場を沸かせた。

満場の期待の中、現われた中納良恵は「今日は一人ぼっちでやってきました」とピアノの前に座って1stソロ・アルバム『ソレイユ』から「夢」を弾き語る。エンディングでは自分のコーラスをサンプリングして“一人コーラスグループ”を演出して、会場を酔わせた。「ソレイユ」からはドラムが加わって、シンプルながら充実したサウンドを聴かせたのは、さすが。EGO-WRAPPIN’ とは異なる繊細でキュートな魅力を見せつけた。

Salyuも、バックは小林武史のグランドピアノのみ。いきなり「回復する傷」から“本題”に入る。二人だけのステージだけに、小林が一方的にサポートするわけではない。たとえば二人が盟友でありながら、ライバルとしての火花を散らした「アイニユケル」が最高にスリリングだった。

アンコールは3人で、カーペンターズのカバー「Close To You」。Aメロを中納とSalyuが交代で歌い、サビはハモるという超豪華セッション。柔らかな中納の声と、シャープで硬質なSalyuの声の対比が見事だった。小林はここではしっかりサポートに徹して、ハイクオリティのエンディングとなった。

30日の“Rainbow Beat”は、これまでのSlow Music Slow LIVEでお馴染みのメンツが揃った上に、佐野元春が初参戦して話題の日となった。

オープニング・アクトの古川本舗は、男女2人のボーカルを擁する7人編成。カホーンやスタンディング・ベースを使って、大らかなアコースティック・ロックを演奏する。そんなサウンドにワルツがぴったりマッチした「Hail against the barn door」が楽しかった。

ハンバート ハンバートは “夫婦デュオ”としての風格が出てきた。「夏を締めくくるお祭りです」と言って歌い始めた「Shall we dance」は初々しい恋の歌。一方で、すれ違い始めたカップルの歌「ぶらんぶらん」もいい。悲しい物語をユーモラスに描く、持ち味全開のステージとなった。

土岐麻子は、「今回は贅沢させてもらいました」と言うように、バックのギターはペトロールズの長岡亮介、ピアノは世武裕子という、ともにシンガーソングライターの二人。それに土岐が加わるハーモニーが絶妙で、「Mr.Sandman」や「トーキョー・ドライブ」など非常に洗練された音楽でオーディエンスを楽しませた。

昨年、初出演して大きな反響があったCaravanが、今年はトランペットとスタンディング・ベースを従えて登場。何事にも縛られないボヘミアンならではの、旅をテーマにした歌を次々に。「ハレルヤ」は雄大なロマンを感じさせて、今年も大きな拍手を浴びていた。

BONNIE PINKはすっかりSlow Music Slow LIVEに定着したメンバー。会場とオーディエンスの様子を知り尽くしたステージングで素晴らしいライブを展開する。1曲目の「So Wonderful」からキュートな歌声で魅了。アコギ1本をバックに歌った「Grow」は情感豊かで素晴らしく、「またこのステージに戻ってきたいと思います」と名残惜しそうに語って去った。

ORIGINAL LOVEも常連の一人。登場しただけで大歓声が上がる。それを受けて、田島貴男はドブロギターのボディを叩き出す。このところ、普通のアコギを叩いたり弾いたりしてループを作って演奏する手法が流行っているが、ドブロをループに使うとは。しかも、その音が抜群にいい。さすがORIGINAL LOVEだ。のっけから観客のハートをつかんで、最高のパフォーマンスを見せたのだった。「ウイスキーが、お好きでしょ」をセクシーに歌うと、会場は大盛り上がり。終わった後、フードコートの白州を使用したハイボールが、飛ぶように売れたのは言うまでもない。

トリには、佐野元春&The Hobo King Bandが、ついに本門寺に初登場。この日、最大の歓声が上がる。すると佐野はそれに応えて、何とチェロ入りの編成でオープニングの「ヤァ!ソウルボーイ」から柔らかなタッチでじっくり盛り上げていく。このところ『SOMEDAY』、『VISITORS』と名作アルバムの完全演奏を成功させ乗りに乗る佐野元春の、“大人の野外ライブ”を意識したセットリストだ。穏やかだが、情熱的なライブとなった。「約束の橋」など、過去の曲がスペシャルなアレンジで演奏される。それは夜の虹のように、見えない色彩で初秋の空をいろどり、満員のオーディエンスをしばし夢の世界へ導いたのだった。

最終日、8月31日は”Originator’s CAMP”。高橋幸宏ファミリーが集結し、音楽好きのオーディエンスが詰めかけた。

オープニング・アクトは、藤原さくら。「この3日間、皆勤賞です。全部のライブを観ました」と挨拶して、Slow Music Slow LIVE初参加の歓びを込めて歌う。歌詞の世界は暗いのだが、太くて豊かな声が彼女の可能性を示していて、印象的なパフォーマンスとなった。

チャラン・ポ・ランタンは成長のスピードを感じさせた。バンドの紹介を兼ねた「忘れかけてた物語」でライブをスタートさせると、植木等のカバー「スーダラ節」など、ノスタルジックで特異なキャラクターを全開にする。“スロー”とは決して言えない持ち味を逆手にとって盛り上げたのは見事。最後の「愛の賛歌」で実力をチラリと見せる演出も決まっていた。

一転して青葉市子は、シニカルで美しい世界を現出させる。弾き語りで4曲歌った後、ゲスト・ギタリストの小山田圭吾が加わった「日時計」は、非常にインスピレーションに富んだ内容で、オーディエンスに白昼夢を見せるほどだった。鋭いリリックと、エフェクトを駆使したサウンドは、たった二人で空の色さえ変えてしまいそうな迫力があった。

Curly Giraffeと高田漣のコンビは、生楽器と声で形作る音楽の良さを堪能させてくれた。高田の操るマンドリン、ペダルスティール、バンジョーが、Curlyの声を見事に彩る。海外のシンガーソングライターの良さを徹底的に追求しながら、本門寺に似合うサウンドを奏でるのは、高い実力の証明だろう。ラストの「96708」は堀江博久がピアニカで参加して、いつまでも聴いていたくなるセッションが展開された。

このイベントの常連になっている持田香織は、アコーディオンとコントラバスが独特の世界を生む注目の京都のインディーズ・デュオ“mama!milk”を従えて登場。いきなりELTの 「Time goes by」をアコースティック・アレンジで聴かせて、新生面を意欲的にアピールする。ライブの最中にバックとのコミュニケーションがどんどん進化して、ラストの「静かな夜」では、会場を彼女の色に完全に染め上げた。

高野寛は、ドラム宮川剛、ベース鈴木正人のトリオ編成で、ブラジル録音の最新アルバム『TRIO』からの曲を演奏。さらには担当したCM音楽「DAKARA」や、「虹の都へ」「ベステンダンク」を披露して25周年を迎えた喜びをオーディエンスと分かち合う。「夢の中で会えるでしょう」ではシンガロングが起こって、会場を埋めたオーディエンスの高野に対する愛情の深さが伝わってきた。

いよいよ高橋幸宏が、ギター佐橋佳幸とキーボード堀江博久の二人の名手を伴って現われる。注目の1曲目は、ニール・ヤングのカバー「Helpless」だった。オンタリオの空に昇る月と、現代の無力感を描く名曲だ。イベント最後の夜にふさわしいミディアム・バラッドに、会場はしーんと聴き入る。3日間のイベントで最高のオープニング・ナンバーとなった。ゆるゆるとライブを進める幸宏と、秋を感じさせる風のマッチングがいい。オリジナルやランディ・ニューマンのカバーなど、“大人のミニフェス”ならではのステージングとなった。アンコールは高野寛とCurly Giraffeが加わって、トッド・ラングレンの「I Saw The Light」で素晴らしいコーラスワークを聴かせてくれたのだった。

新しい試みも含めて、11年目を迎えたSlow Music Slow LIVE。音楽好きの大人の夏を締めくくるイベントとして、ますます定着、進化していくことだろう。

写真:TEAM LIGHTSOME

関連リンク

「Slow Music Slow LIVE ’14」オフィシャルサイト:http://lultimo.jp/smsl/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP