ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「餃子の王将」下北沢店が深夜〜早朝ハードワーカーに人気の理由

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「餃子の王将」下北沢店が深夜〜早朝ハードワーカーに人気の理由

バンドマンが集まる街・下北沢。オシャレな古着屋や飲食店も多く、電車を利用すればすぐに新宿や渋谷に出られる場所にあり、交通の便もいいことから若い人たちに人気のある街だ。

そんな若い人たちを相手に、接客業などで朝から晩まで汗水垂らして働くハードワーカーは下北沢にももちろんいる。”スタミナ飯”を食べようと「餃子の王将下北沢店」に通う人は多く、中でもこの店舗のオリジナルメニュー「カニあんかけチャーハンセット」に注目したい。

餃子の王将下北沢店は、小田急線の南口改札を出て南方向(右手方向)に歩くこと約5分、商店街を抜けた先に店を構えている。席数は64席と店内は広い。11時半から翌5時まで通し営業をやっているのだが、このお店の人気の秘密はここにある。ライブを終えたバンドマンや、接客業などの仕事で遅くまで働くハードワーカーが、深夜から朝方にかけて利用している。一日の疲れや仕事のご褒美に、がっつりとご飯を食べてパワーを蓄えるのだ。

そんな下北沢店の一推しメニューは、「カニあんかけチャーハンセット」。値段は985円(税込)。セットの内容には、餃子6個(一人前)とたまごときくらげが入ったスープとサラダが付いている。同店店長・原田景太氏は、「このメニューは6月から開始したのですが”プレミアム”なメニューを出して他の店と差別化をしたかったんです。チャーハンを塩ベースではなく醤油ベースに仕上げたのがポイントです」と話す。

実際にこのメニューを注文していた23歳女性会社員によると、「今まで食べたことのあるチャーハンの中で一番美味しいです。友達に紹介したいので今度は女子会で食べにきます」とのこと。ほかにも、自営業をしている30歳男性は「週一くらいでこのメニューを食べにきます。夜まで働くのでパワーを注入するのに丁度いいです」と話す。

また、夏季限定メニュー「夏だ!! 冷しぶっかけ」も下北沢店だけのオリジナルメニューだ。ピリ辛味の冷麺で値段は699円(税込)。「麺を1.5玉使っているので、ボリュームたっぷり味わってもらいたいです」(原田店長)

「餃子の王将」は、現在全国に690店舗(2014年6月末現在)を展開している。チェーン店とはいえ、店舗ごとによってオリジナルメニューが存在し、その地域の特色を取り入れたり、季節によってや店長の意向などでもメニューを増やしたりするのだという。下北沢店限定で販売している「カニあんかけチャーハンセット」。ぜひ味わいに、足を運んでみてはいかがだろうか。

【参照リンク】

・餃子の王将

http://www.ohsho.co.jp/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。