ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

OAU×箭内道彦による「朝焼けの歌」MVが完成

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いよいよ9月3日に発売が迫ったOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDのニューアルバム『FOLLOW THE DREAM』。その収録曲より、「朝焼けの歌」のMVが解禁となった。

「朝焼けの歌」には、津波や災害で何もなくなった街や人生を再建する人たち、そして懸命に働く人たちに聴いてほしい労働歌とも言える希望が込められた歌詞が綴られ、すでにライヴでも披露されている同曲は多くの反響を呼んでいる。

ディレクターは、リクルート「ゼクシィ Get Old With Me」やOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDの楽曲「夢の跡」が使用されている江崎グリコ「ビスコ」などのCM、『風とロック』を手がける箭内道彦。福島県で撮影されたMVには、そこで生活するおよそ30名の一般の方とメンバーの寝顔が次々と映し出され、明日への希望のメッセージが込められた人間味あふれる映像になっている。

【箭内道彦 コメント】
すべての人に、夜は訪れ、そしてまた朝が来る。
今もまだ仮設住宅に暮らさざるを得ぬ人達にも。今日も原発の収束のために働き続ける作業員にも。
明日を祈り、奏でることを生業とする彼らにも。
あなたにも。

「朝焼けの歌」MV
http://youtu.be/yyRdiwrZy-Y

アルバム『FOLLOW THE DREAM』
2014年9月3日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
TFCC-86487/¥3,241+税
【通常盤】(CDのみ)
TFCC-86488/¥2,593+税
<収録曲>
01.Follow The Dream
02.Broken Glass
03.夢の跡
04.Blind Moonlight
05.Making Time
06.Pilgrimage~聖地巡礼~
07.Ride Today
08.N.A.C
09.Treason Song
10.Clumsy Queen”Isabella”
11.朝焼けの歌
12.Question
<DVD>※初回限定盤のみ
・OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDがオーガナイズに携わり、圧倒的なリピート率を誇るキャンプフェス「New Acoustic Camp」のハイライトを集めたライヴ&ダイジェスト映像
・まもなく結成10年を迎えるOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDの足跡を辿る、未公開MVを含むMUSIC CLIPS
(Making Time、夢の跡、otherwhere、New Tale、all the way、Thank You、Dissonant Melody)

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND オフィシャルHP
OAU、ツアー詳細解禁&ツアー特設サイト開設

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP