ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宝くじ 1年間で181億円の引き換え漏れ 1000万円以上は65本

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「9月2日は何の日でしょう?」と聞かれて「宝くじの日」と即答できたあなたは、立派な宝くじファンといえるはず。

 そして今年も9月2日には、過去1年間のハズレくじを対象とした「お楽しみ抽せん」が実施される。新潟産こしひかり、電波時計、マグボトルなどの賞品が当たるチャンスがあるので、詳しくは、みずほ銀行や宝くじ公式サイトなどをチェック!

 さて、この「宝くじの日」は昭和42年に制定されており、その目的は当せん金の時効防止だったという。

 全国自治宝くじ事務協議会の発表によると、平成24年度だけでも約181億円もの引き換え漏れが発生しているとのこと。この時効当せん金の中には、1億円以上が16本、1000万円以上が65本も含まれているという驚きのデータがあるのだ。

 この機会にもう一度、お手元の宝くじ券を調べてみては?

※女性セブン2014年9月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
1枚500円 「宝くじの日記念くじ」が1000万枚限定で発売へ
宝くじ高額当選者 最も多いのは60才以上、女性の割合が増加
宝くじ 1万円以上の当選だと売り場では引き換えNGの場合も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。