ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【恐怖のゲーム】世界中で絶賛! PS4の体験版ゲーム『P.T.』に隠された謎が判明! 『サイレントヒル』の新作か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

プレイステーション4(PS4)で無料配信中の体験版ゲーム『P.T.』が、世界中で絶賛されている。ゲームのクオリティが高いのも人気の理由だが、このゲームの存在自体が謎であり、あらゆる憶測が飛び交っているのだ。

今回は、その謎をいくつか解説していきたい。その謎はゲーム好きの若者なら「もう知っているよ」というものばかりかもしれないが、そういう部分も含めて紹介していく。

・謎1: ゲームメーカーや開発スタジオが謎

このゲーム著作権は「7780s STUDIO」というスタジオが持っている事になっているが、当初、ゲームメーカーが謎だった。現在はコナミという事が判明し、公式サイトも存在している。

・謎2: ゲーム名が『P.T.』というわけではない

『P.T.』は「プレイアブル・ティザー」の略であり、ゲームタイトルではないというのが通説だ。何を言っているのか分からない思うが、多数の人が何なのかわかっていない。ある意味、このゲームはタイトルがないともいえる。

・謎3: 『P.T.』というゲームが発売される予定がない

体験版ゲームは、その配信後に製品版を販売するのが流れだが、『P.T.』は製品版が存在しない。明確に言えば、製品版の告知は一切されていない。つまり、製品版があるのかどうかも謎。

・謎4: 7780s STUDIOに隠された謎

このゲームの著作権は「7780s STUDIO」が持っている。その名称を調べてみると、衝撃的な事実が判明。コナミのゲーム『サイレントヒル』を日本語に直訳すると、静かな丘(岡)となる。つまり「静岡」となる。Googleで静岡を検索すると、地表面積が7780平方キロメートルと表示される。『P.T.』は7780s STUDIOが作った『サイレントヒル』の新作なのではないかと予測されている。

・謎5: クリア条件が明確ではない

『P.T.』をかなりプレイしているゲーマーでも、「イベントの発生条件が不明確」と言っている。つまり、どうすればどうなるのか、わからない部分がいくつか存在するのだ。

それらの謎があるゲームではあるが、さらに詳しい情報は小島秀夫氏がインターネット上で語っているので、興味がある人は調べてみるといい。さらに詳しい情報がそこにある。

記事: Buzz+(バズプラス) http://buzz-plus.com/

Via: P.T.

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP