ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

倉木麻衣15周年アニバーサリーベスト発売決定、1stアルバム再現ジャケ公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

通算40作目の記念シングル「無敵なハート/STAND BY YOU」が9月8日付オリコン週間シングルランキング初登場5位を記録、デビューから40作連続TOP10入りはソロアーティスト史上初という快挙を達成した倉木麻衣。

ますます勢いに乗る彼女のデビュー15周年を記念したベストアルバム「MAI KURAKI BEST 151A -LOVE & HOPE-」が2014年11月12日、遂にリリースされる。特徴のある”151A(イチゴイチエ)”の言葉には「一期一会を大切にしたい」という意味と同時に、「15周年1人1人にありがとう」という倉木麻衣の今の気持ちが込められているという。

その気になるジャケット写真は400万枚以上のセールスを記録した、1stアルバム「delicious way」のモノクロのジャケットを今の倉木麻衣が再現したもの。デビュー当時強烈なインパクトを放った印象的な目力はそのままに、デビュー15周年という事実からはかけ離れた若々しくフレッシュな印象は見る物に衝撃を与える。

1999年、彗星のごとく現れデビュー曲からミリオンヒットを連発した倉木麻衣。その世間の盛り上がりとは打って変わって、“倉木麻衣”の人物像に関しては久しくベールに包まれたままだった。そのミステリアスなイメージの中、とりわけ強い印象を放った独特のヘアスタイル。

その後トレードマークにはこだわらず、デビュー以来常に新しい見せ方に挑戦し進化し続けた彼女。今回のベストアルバム発売を機に、今回新たなチャレンジのひとつとして当時の自分と正面から対峙するような写真撮影に臨んだ。「今だからこそ、敢えて初心に立ち返り当初の気持ちで撮影に臨みたかったのと、このジャケットから『delicious way』の頃を思い出したファンの方々とその気持ちを共感したい。」今の心境をそう語った倉木。今だからこそできたこの企画に強いメッセージを込めて取り組んだことが伺える。

最新ジャケットの撮影時、当時の写真に触れながら「16歳、17歳のデビュー時代を思い出す」と語った彼女。今とは全く違う心境と生活、撮影のことなどをしみじみと思い出したという。「当時はヘアメイクさんがついていなかったので、このジャケットの写真も全部スッピンなんです。ウィッグも自分たちで工夫しながら付けたりして。衣装も私服で用意したもので、家から着て行ったものなんですよ(笑)」。今だからこそできたデビュー当時の再現というある意味思い切った企画に楽しそうに挑んだ彼女。「すべてがいっぱいいっぱいだった」と語る当初とは違う、アーティストとしての余裕さえ感じられる。

倉木麻衣のベストアルバム発売は今作で3作目となる。デビュー5周年でリリースされた初のベストアルバム「Wish You The Best」発売時は初の紅白出演を果たし、10周年でリリースされたベストアルバム「ALL MY BEST」発売時はKOSE「エスプリーク プレシャス」イメージキャラクターとして様々な女性誌表紙を飾り、またTV番組への出演も相次いだ。3作目となる今作「MAI KURAKI BEST 151A -LOVE & HOPE-」は、倉木麻衣ベストアルバム初となるコンセプトを分けた2枚組のCDで構成されている。

「家でゆっくりくつろぎながら聴きたいなと思うときと、ノリノリでテンションあげていきたいなと思う時ってどちらもあると思うんです。それぞれの生活シーンに合った曲を聴いてもらいたいという理由で、今回初めてアップ曲、ミディアム&バラード曲でCDを分けたんです」そう語る彼女。

すっかりイメージの定着したシンフォニックライブを思い浮かべられるようなバラード曲は“LOVE”の一枚に、そしてライブでも盛り上がりまくるアップ曲は“HOPE”の一枚にそれぞれ収録した。このあたりの選曲も特別なこだわりを持って臨んだという。「私がこの曲をベストに入れたいということではなくて、聴いてくださる方々が何を聴きたいか、この一枚に何が入っていたら嬉しいか。それを一番に考えて選びました」という倉木。今まで出してきたシングル、そしてアルバムに収録された名曲の数々を、今までと違った流れで楽しめる構成になっている。

また今回このコンセプチュアルな2枚の世界観をより広げるような、映像特典が決定した。初回盤Aには“LOVE”に収録された全15曲のMusic Clipもしくはライブ映像が入り、また初回盤Bには“HOPE”全15曲のMusic Clipもしくはライブ映像が入るという。どの楽曲が何の映像になるかはこれからのお楽しみとなりそうだ。

また、今回初心を大事にするというコンセプトからデビュー曲「Love, Day After Tomorrow」をフィーチャーした企画も展開されるという。15人のクリエーターが一曲を15分割し作り上げたMusic Clip「Love, Day After Tomorrow feat.15directors」もその一つだ。プロデューサーの清野氏、統括ディレクターの稲井氏により「15人集めて1本の作品を創る」「それぞれが創りたい映像を創る」というコンセプトを基に集まった若手クリエーターによる映像は、「Love, Day After Tomorrow」に新たな魅力を吹き込んでいる。

プロローグで「Love, Day After Tomorrow」のシングルCDを手に持つ女子高生がエピローグでは母親となり小さな子供を連れているというストーリーの中に、様々なテイストのアーティストが制作した15の映像が繋がって一曲にまとめられているこの映像は、アルバムに先駆けて9月上旬よりGyaOより先行配信が予定されている。

そして、その30曲をステージで丸ごと表現する夢のようなライブが本日同時解禁となった。15周年記念日にほど近い2014年12月6日に予定された日本武道館でのスペシャルライブ。これは6月から行ってきたライブハウスツアー、9月からのホールツアーとは全く違った、特別な演出になるという。

「ベストアルバムに収録される内容を、まるごと楽しめる内容のライブにしたい」。そう意気込む倉木のこのライブは、デビュー15周年のアニバーサリーライブというだけでなく、倉木麻衣単独300回記念も兼ねたスペシャル続きのものとなるという。
2日間全く異なる演出とセットリストで会場を湧かせた『10TH ANNIVERSARY MAI KURAKI LIVE TOUR “BEST”』の幕張メッセ2DAYS、そしてコンセプチュアルなショーのようなLIVEで、月に乗る演出やシルクドソレイユとの共演でも話題を呼んだ『HAPPY HAPPY HALLOWEEN LIVE』シリーズなど、そのビジュアルからは想像できない攻めのLIVEを展開している倉木。そのどれにも当てはまらないものになるという今回のライブにファンならずとも期待は高まる。

そして今回、ベストアルバム各種いずれかを購入した方は抽選で、12月5日に行われるこのアニバーサリーライブの公開リハーサルを特別観覧できるという。15周年に因んで150組300名が体験できるこのプレミア企画は、ファンだけでなく大きな話題となるに違いない。

「40枚目のシングル、デビュー15周年YEAR、そのどれもが私にとっては周りのスタッフから聞いて初めて知った“えっそうなんですか?”という事実(笑)。これからも、数字にはこだわらず、心を込めて大切に歌を届けていきたいと思っています」

「delicious way」の頃と変わらない芯の強さと、様々な経験を経て手にしたその頃とは比べ物にならない柔らかな雰囲気。その二つを表現した今回のメインビジュアルからも、これからに対する倉木麻衣の静かなる心意気が伝わってきて、これからも周囲をいい意味で裏切るような展開を期待せずにはいられない。

リリース情報

「MAI KURAKI BEST 151A -LOVE & HOPE-」
2014年11月12日発売
初回盤A:2CD+DVD VNCM-9024~9025 4,200円(税込)
初回盤B:2CD+DVD VNCM-9026~9027 4,200円(税込)
通常盤:2CD VNCM-9028~9029 3,200円(税込)
全形態共通特典:
倉木麻衣単独ライブ300回アニバーサリーライブの公開リハーサルへ150組300名様ご招待応募用シリアルナンバー封入

ツアー情報
「15th Anniversary Mai Kuraki Live Project 2014 BEST “一期一会” ~無敵なハート~」
9月6日(土) 三郷市文化会館(埼玉)
9月13日(土) 磐田市民文化会館(静岡)
9月20日(土) 久喜総合文化会館 大ホール(埼玉) 
9月23日(祝・火) 桐生市市民文化会館 シルクホール(群馬)
9月28日(日) 東京エレクトロンホール宮城(宮城)
10月4日(土) 福岡国際会議場 メインホール(福岡) 
10月10日(金) 愛知県芸術劇場 大ホール(愛知) 
10月13日(祝・月) 札幌市教育文化会館 大ホール(北海道) 
10月18日(土) 西条市総合文化会館 大ホール(愛媛) 
10月19日(日) サンポートホール高松 大ホール(香川) 
10月26日(日) 武蔵村山市民会館(さくらホール) 大ホール(東京)    
11月1日(土) 大津市民会館 大ホール(滋賀) 
11月9日(日) 大阪国際会議場(グランキューブ大阪) メインホール(大阪)

関連リンク

■倉木麻衣 Official Sitehttp://www.mai-kuraki.com
倉木麻衣 15TH ANNIVERSARY SPECIAL PAGEhttp://mai-kuraki.com/sp/15th/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP