ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

賃貸でもOK! 剥がせる壁紙リフォーム術でイメチェンしよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インテリア雑誌で見かける、色のついた壁やオシャレな壁紙。賃貸物件だとリフォームは難しいけれど、マスキングテープと両面テープを使えば、壁を傷つけずにあとで剥がせるというので、実際に試してみた。

デザインに飽きたら簡単にはがせるので、賃貸でも大丈夫

用意するのは、「のりなしの壁紙」、「マスキングテープ」、「両面テープ(マスキングテープより幅がせまいもの)」、「カッター」のみ。スムーサー(スキージー)があると、よりきれいに貼ることができるが、なくても問題ない。

マスキングテープはのり残りしにくいものを選ぼう

壁紙は、あらかじめ貼るスペースの長さにカットしておく。その際に、スキージーを使い、折り目を付け、カッターでカットすると便利だ。なければ、定規などで代用しよう。

下準備ができたら、まずは壁紙の幅に合わせて、縦にマスキングテープを貼る。

壁紙の幅が広い場合は、間にもう1ライン増やすとより安定する

続いて、マスキングテープの上から、両面テープを貼る。

両面テープがマスキングテープからはみ出さないように注意

同様に、壁の上下にもマスキングテープと両面テープを貼ったら、いよいよ壁紙の登場。壁の端に沿って壁紙を合わせたら、両面テープを少しずつめくりながら、手をスライドさせて壁紙を貼付けていく。壁の端の縦ラインから貼っていくと、まっすぐに貼りやすい。広い場所を貼る場合は、画びょうで仮止めをしておくと、より簡単に貼ることができる。

手で空気を抜きながら、しわが寄らないように気をつけて

2枚目以降も同様に貼っていけば、完成! 初めて壁紙貼りに挑戦したが、女性1人でも簡単に貼ることができた。

あとで剥がせるので、賃貸はもちろん、持ち家の場合でも、あざやかな色や個性的な壁紙に挑戦できる。壁の1面だけでも壁紙を変えると、雰囲気が変わるのでオススメだ。

なお、下地の壁紙の種類によっては、マスキングテープがきれいにはがれず、壁紙をいためてしまったり、逆にマスキングテープの付きが悪かったりする場合がある。必ず目立たない場所で、マスキングテープがきれいに貼って剥がせるか試してから施工しよう。また、長時間マスキングテープを貼っていると、剥がしたときにのりが残る場合がある。その際は、シールはがし剤などを使用すると良いだろう。

(平野友紀子+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP