ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本株が世界の株高潮流に追いつくタイミングを専門家が解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本株の絶好の仕込み場が近づいている。消費増税に伴う景気悪化で、逆にさらなる日銀の金融緩和への期待が高まり、円安・株高への足音が聞こえ始めてきたのだ。そうした市場環境の変化をいち早く享受すべく、9月1日に発売された『マネーポスト』最新号では、「決定版! これから上がる株 厳選60」と題して、今が買いの「大本命銘柄」を一挙公開している。

 史上最高値更新を続ける米国株を筆頭に世界的な株高が進むなか、本来なら連れ高となっておかしくないはずの日本株は、底堅く推移しているものの、絶好調とは言い難い展開が続いている。その要因のひとつが、中東やウクライナ情勢の緊迫化だ。グローバルリンクアドバイザーズ代表・戸松信博氏が解説する。

「地政学的リスクの高まりを受けて、海外投資家はより安全性の高い資産として、米国債など先進国の債券に資金を集中させました。そのため一時的に米国の金利が下がって日米金利差も縮小。為替も円安に進みにくい環境にあったのです」

 日本株が高騰するためには、円安進行が必須。そのタイミングはいつか。

「米国はテーパリング(金融緩和縮小)を進めており、10月にも終了すると見られている。早ければ来年前半にも見込まれる米利上げを見越して、今年末までには1ドル=110円台の円安が予想されます」(同前)

 そうなれば、日本株もようやく世界の株高潮流に追いつくに違いない。そうした中で、大化けが期待できる株はどこにあるのか。

『マネーポスト』では、カブ知恵代表・藤井英敏氏と前出・戸松氏が、今が買いの「大本命銘柄」最強ランキングを厳選。ロボット、燃料電池、3Dプリンタなど、世界レベルで成長性の高い分野や、介護、人材、公共投資、スマホゲームなど、日本国内での需要がまだまだ見込める分野から、隠れたお宝銘柄を一挙公開。年内株価5倍の爆騰すら見込める「超大化け株」も紹介している。

※週刊ポスト2014年9月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
参院選までは米国も円安容認か 「7月まで株高続く」と専門家
円安でiPhoneなどスマホ本体やアプリが値上がりする可能性も
日経平均株価「2014年は2万円、5年後4万円」の専門家予測

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP