ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

伝説の悪女演じる黒木メイサ「女性なら共感できる部分ある」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「舞台は私の原点です」

 そう語るのは、9月8日までEX THEATER ROPPONGIで公演中の舞台『VAMP~魔性のダンサー ローラ・モンテス~』に出演している女優・黒木メイサ(26才)だ。舞台の原作となったのは桐生操が書き下ろした新作小説『魔性のダンサー ローラ・モンテス』(小学館)。そこで彼女は19世紀にもっともスキャンダラスといわれた実在“伝説の悪女”を演じる。

「初の悪役なので、すごくワクワクしながら本を読んでいましたけれども、やってみるとしんどい(笑い)。ローラは抱えるものがありすぎて、男性をだまし続けるただの悪女とは、わけが違うんです。“悪女”や“魔性”の概念が揺らぎましたね」

 ローラと似ている部分はというと?

「私も、“ありがとう”と素直に伝えられず、心にもないことを口走ってしまう時がある。そんなところはローラと重なりますね。女性ならきっと、少なからず共感できる部分があると思います」

 彼女の新境地を是非あなたの目で。

※女性セブン2014年9月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「女性は誰しも悪女に惹かれる部分がある」と作家・越智月子
ヘソ出し美人日本人女性が続々登場 衣装代は20万円の人も
アグネス 母国の後輩に「ヌード禁止」他アイドル5か条伝授

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP