ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ナチュラル志向の主婦が増加中

DATE:
  • ガジェット通信を≫
ナチュラル志向の主婦が増加中

 2000年代以降、オーガニックや自然素材を大事にする”ナチュラル志向”な人が増えています。無農薬野菜を好み、リネン等の天然素材を使用した洋服を身にまとう30~50代くらいの「ナチュラルマダム」は、今や街の至る所で見かけます。彼女達のような「ナチュラル系」は、00年代半ば頃に起きた”スローライフ”や”ロハス”ブームで一気に増え、今や彼女たちを「特別な志向を持った人」という捉え方をする人もいなくなっているのではないでしょうか。

 そんな人びとから絶大の支持を受けている、”ナチュラル界のアイドル”といえば、雅姫さん、菊池亜希子さん、そして内田彩仍さんの3名。

 今回ご紹介する本は、そんな内田彩仍さんの『手しごと、家しごと』。本書では身の周りにあるものを内田さんなりにひと手間加えて素敵にアレンジする方法が数多く紹介されています。例えば、カーディガンのボタンを付け替える、手帳を自分好みにカスタムする、プレゼントをする際のラッピング術などを多数掲載。その他にもかごバッグや靴のお手入れ方法や1か月分の朝ごはんの写真も載っています。

 内田さんは福岡県在住、服飾メーカー勤務を経て地元デパートのスタイリングをしていた経歴を持っていますが、元々は普通の主婦。前述した雅姫さん、菊池亜希子さんはモデル出身ですが、内田さんは現在もモデルや芸能人というわけではありません。ファンの間では「カリスマ主婦」と呼ばれ羨望の眼差しを向けられていますが、そんな愛称とは裏腹に物腰柔らかでおっとりした雰囲気なのも彼女の魅力のひとつと言えます。

『手しごと、家しごと』、内田さんの魅力が詰まった1冊。内田さん流の様々な手作り品の具体的な作り方が多数掲載されているので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

■関連記事

多発する豪雨被害 車が水没した時の脱出方法は?
夏の暑さ対策には野菜! 野菜で満腹になれば夏バテもこわくない?
近頃、よく耳にする「若年性更年期障害」は"思い込み"だった? 

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。