ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Gionee、新しい世界最薄スマートフォン「Gionee ELIFE S5.1」の製品デザインを公開、厚さは5.15mm

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカーの金立(Gionee)が厚さ 5.15mm の新しい世界最薄スマートフォンとなる「ELIFE S5.1」の製品デザインを公開しました。正式発表はもう少し先になるみたいです。Gionee は中華圏以外ではあまり知られていないメーカーなのですが、今年始めに厚さ 5.55mm という、これまでの最薄スマートフォン「ELIFE S5.5」を発売しています。自社の最薄記録を自社で更新することになりそうです。工信部の認証情報に本体の厚さは5.0mm と記載されていたのですが、実際の仕様は 5.15mm とのことです。最薄であることには変わりありませんが…。ELIFE S5.1 は、厚さ 5.15mm の極薄ボディに、4.8 インチ1,280×720 ピクセルの有機 EL ディスプレイ、1.2GHz クアッドコアプロセッサ(Snapdragon 400)、1GB RAM、8GB ROM、背面に800万画素カメラ、前面に500万画素カメラ、2,100mAhバッテリーを搭載。LTEにも対応する予定です。筐体サイズは 139.8mm × 67.4mm × 5.15mm、質量は 94.6g。OSはAndroid 4.3 (Jelly Bean)を搭載しています。ELIFE S5.1 は 8 月 31 日に台湾で行われたコンサートイベントで披露されたそうです。5.15mmという薄さは、Micro USB 端子と 3.5mm ジャックの幅を見れば分かると思います。ギリギリと言った感じです。Source : Weibo(Gionee)


(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、スワロフスキー社とのコラボレーションを新型スマートウォッチ「Gear S」に拡大、スワロフスキー・クリスタルのリストバンドを発表
ネオス、キャラコールエンジンを搭載した“着信画面の着せ替え”アプリをAndroid向けに2種類リリース
メタルフレームの「Galaxy Alpha」が韓国で9月3日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP