ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

細すぎる少年の脱走劇に「凄すぎww」「どんだけ細いんや」と驚嘆の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

逮捕後に護送中のバスの中から少年が脱走するという、前代未聞の事件が千葉県で発生。一部報道が伝えている。

事件が起きたのは、8月29日午後7時頃。護送用のバスが千葉県内を走行中、その中に乗車していた少年が自分で手錠を外し、バスが信号で停車した隙を突いて窓から逃走。その後、現場から1.5kmほど離れた市川市内のマンション敷地内で発見、身柄を確保された。

このバスは、窓には逃走防止用のアルミ格子がはめられており、少年はそのわずか10数cm程度の隙間から逃走したとみられているが、このあまりに想定外な細身ぶりに、関係者のみならず多くの人々に衝撃を与えている。

「すごすぎワロタwww」

「細すぎるやろ どんだけ細いんや」

「10数センチって…頭はどうした…」

「エスパー伊東もびっくりwwww」

「どんなムリゲwwww」

「つか、手錠も細すぎるから外せたんだろうな」

「単なる護送ミスを警察が隠蔽しようとした説に1票」

「出所後はこの芸を生かして商売やったほうがいいよな」

と、ネット上からは、この「あまりに細すぎる少年犯」の犯行に、驚きの声が。千葉県警留置管理課も「人が抜けられるような幅ではなく、想定外だった」と驚きを隠せない様子で、現在、その具体的な手法等について取り調べを行っているというが、いずれにしかりこの少年犯の脱走劇、誰にでも真似ができるような代物ではないということは、事実のようだ。

※写真はイメージです。

文・今岡憲広

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP