ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「餃子の王将」水道橋店は深夜3時営業で徹夜族に挑戦!餃子も食べ放題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オフィスビルが立ち並ぶ街・水道橋には、朝から晩まで働くハードワーカーはとても多い。餃子の王将水道橋店はそんなハードワーカーたちで毎日にぎわいをみせている。

通常は朝11時半から、深夜3時のラストオーダーまで通し営業を毎日行っている同店。その気合いの入った営業に、僕らハードワーカーも背筋が伸びる。都内の系列店の中では客席数は多い方で、1階には42席、2階には60席の合計102席がある。2階は宴会で貸し切りにすることも可能だ。

そんな水道橋店のオリジナルメニューは、ついにきた「餃子食べ放題」。スタミナ飯として人気の高い餃子だけに、「どんなに食べてもよい」なんて夢のような話である。同メニューは、4~60人までの宴会用プラン。餃子だけではなく、鶏の唐揚、バンバンジー、海老チリソース、揚げそば、ホイコーローなど餃子の王将でおすすめする料理が盛り込まれている。ちなみにドリンクも飲み放題だ。

“餃子食べ放題”ではあるが、これだけがっつりなメニュー内容だと、肝心の餃子が食べられなくなってしまうのではないだろうか。しかし、同店スタッフによれば、餃子は飛ぶように追加されると言う。この食べ放題メニューを月に1回は注文するという20代男性会社員によると、「4人で20人前(1人前は6個)の餃子を食べたことがあります。また、餃子の王将の人気メニューが一度に全部食べられるので、よく注文するんです。食べ終えると達成感があります」とのこと。

水道橋店の食べ放題メニューは、10年以上に渡って店の看板メニューになっており、常に店内の人気ベスト3以内に位置するほど大人気だ。料金は男性が2,700円(税込)、女性が2,160円(税込)。”スタミナ飯”餃子。一体、何個食べられるのだろうか。水道橋店で挑戦してみてはいかがだろうか。

【参照リンク】

・餃子の王将

http://www.ohsho.co.jp/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP