ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「代打の神様」と呼ばれるのを嫌がった巨人・高橋由伸「元4番の意地」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月15日に甲子園で行われた阪神×巨人の首位攻防戦。阪神リードで迎えた9回表、マウンドに立ったのは絶対的な守護神・呉昇桓。阪神が誇る守護神の前に、瞬く間に2アウトをとられた巨人ベンチが、この時、代打に送り出したのはベテラン・高橋由伸(39)。高橋は2ストライク1ボールから呉の投じた剛球 を振りぬくと、その打球は高々と舞い上がり、逆風を突いてライトスタンドへ。まさに値千金の同点アーチとなった。

この試合の直前まで、高橋の代打成績は実に神懸りなものだった。この試合の直前までの10試合で、9打数5安打2本塁打。そのため、ファンはもとより、一部スポーツ紙では「代打の神様」という名誉ある称号で紹介されるまでになっていた。

だが、当の高橋にとって、この「称号」は、どうやら満面の笑みで受け入れられるものではなかったようだ。 「代打の神様」と呼ばれることに対して、「うーん、まだそうは呼ばれたくはないよね」と語る、巨人一筋17年のベテランは、かつて、松井や清原といった名だたる強打者たちと共にクリーンナップを組み、常勝軍団を支え続けた勝利の立役者。

そして、なにを隠そう、第66代の四番打者でもある。やはり、彼がこだわるのは、「代打の神様」という称号ではなく、あくまでスタメン4番での活躍なのかもしれない。

文・田村敦規Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP