ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小説投稿サイト発の『オーバーロード』アニメ化企画進行中を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 丸山くがねさんの小説『オーバーロード』の「アニメ化企画進行中」が8月30日発売の、最新巻『オーバーロード7 大墳墓の侵入者』(株式会社KADOKAWA)の帯で発表された。

【関連:ライトノベル『銃皇無尽のファフニール』アニメ化決定】

 『オーバーロード』はオンラインゲームそっくりの世界に飛ばされたサラリーマン・鈴木悟が、骸骨姿の最強の大魔法使い・アインズとして、配下と共に異世界の覇権を目指すダークファンタジー。

手に汗握るバトルや圧倒的な強さによる戦闘シーンの爽快感が魅力なのは勿論、主人公・アインズが問題たらけの配下を苦労してマネジメントする様子が「最強の魔法使い」とのギャップを生み、人気を集めている。

 小説投稿サイトで話題になって書籍化を果たし、今回「アニメ化企画進行中」を発表した7巻までが発売中となっている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP