ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3つのタイプあるゴルフボール 100を切りたいならこだわるべき

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ゴルフクラブの新製品情報には敏感に反応するが、なぜかボールには無頓着という人がアマチュアには多い。しかしクラブ設計家の松尾好員氏は、「クラブとボールには相性があります。100切りを目指すならボールにこだわるべき」とアドバイスする。

 最新のボールには大きく分けて「スピン系」「ディスタンス系」「ウレタン・ディスタンス系」の3タイプがある。その名の通り飛距離を重視するのが「ディスタンス系」だ。硬めの素材で軟らかいコアを厚めにカバーし、それによって反発力を上げ、高初速・低スピンで飛距離が出るようになっている。

 それに対し「スピン系」はカバーに柔らかい素材のウレタンを使い、ショートゲームでのスピン性能を高めている。「ウレタン・ディスタンス系」は両者の中間のタイプである。

 最近ではプロや上級者は「スピン系」、ビギナーやアベレージゴルファーは「ディスタンス系」を使う傾向がある。飛距離が落ちてきたことに悩むシニアも「ディスタンス系」を使うケースが増えている。「ドライバーでの飛距離はほとんど変わらないが、アイアンでは5~10ヤード伸びる」(松尾氏)というから、何が何でも飛びにこだわる人は検討する価値がありそうだ。

 だが問題もある。「ディスタンス系」はスコアをまとめる際に見逃せないデメリットがあるというのだ。

「『ディスタンス系』はアプローチ時のランが多く、プロが打ってもワンピン以内に止めるのは至難の業です。ミドルでの2オンが難しくなっているシニアにとって、スコアメイクの鍵となる3打目に、寄せが難しい『ディスタンス系』ボールを使うのはスコアを崩すだけ。スコアをまとめたいなら『スピン系』を使うことをオススメします」(松尾氏)

 クラブとボールには相性があることにも留意したい。特にパターはフェース素材によって打感や転がりに影響する。ステンレス素材は弾きが強いため止まりやすい「スピン系」と相性がよく、衝撃を緩和する樹脂素材がインサートされたパターは転がりやすい「ディスタンス系」が合う。自分のプレースタイルに合ったボールを見つけることが、スコアアップへの近道だ。

※週刊ポスト2014年9月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ゴルフバーのシミュレーター 韓国製置く店はすぐ飽きられる
大ヒットの軟式用“飛ぶバット” 打撃テストでも飛距離7m増
38歳会社経営者 iPhoneアプリでゴルフのスコアが10縮まる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP