ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

関根麻里と結婚のK 活動拠点は日本だからと脱韓流婚を提案

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 挙式当日の8月24日午前10時半、雅楽が鳴り響くなか、中袴姿の新郎・K(30才)に続き、白無垢姿の新婦・麻里が東京・赤坂氷川神社本殿に姿を見せた。

 式には新郎新婦の親族、友人など35人が出席。麻里を溺愛する父・関根勤(61才)は大粒の涙を流していることだろうと思ったが、終始笑顔を浮かべ、万感の思いを抱きながら、愛娘の門出を祝福した。

 2009年12月、麻里がパーソナリティーを務めるラジオ番組での共演をきっかけに交際をスタートさせたふたり。しかし、結婚までには紆余曲折があった。

「まず2011年1月から約2年間、Kさんは韓国人男性の義務である兵役に就いたため、離ればなれの生活を余儀なくされました。

 兵役を終え、Kさんが日本での歌手活動を再開させると、ふたりの交際が明るみに出たんですが、多くのメディアが日本と韓国の国際結婚の難しさを指摘し、不安視する声も聞かれました」(芸能関係者)

 実際、日本と韓国では結婚観が全く異なる。

「韓国人の結婚には親、家族が口出しするのは一般的で、特に男性が結婚する場合には、母親の意見が絶対で、親に反対されて破談になるケースも少なくありません。それに兵役義務もあり、男尊女卑の考えが根強く残る韓国では、女性が男性を立てるのが当たり前なんです」(在韓ジャーナリスト)

 しかし、今回の麻里とKの挙式は日本流の形式。これについてKの知人がこう話す。

「Kさんからの提案だったようです。彼は“自分の活動拠点は日本だから、まず日本で式を挙げよう”って。それで韓国から親族を呼んだみたいなんです」

 新郎の男気によって実現した脱・韓流婚。きっと麻里や勤にしてみれば思いもよらないことだったろう。

 とはいえ、「食事は目上の人が箸をつけるまで食べてはダメ」「女は家族以外の男性にお酌してはいけない」など、日本では考えられない掟が数多くある韓国人男性との結婚生活。

 いつも笑顔で元気な麻里だが、心の中ではきっと不安を感じていたに違いない。結婚前夜、母は麻里と一緒に日課にしている犬の散歩に出かけた。約1時間の語らいの時――嫁ぐ娘との最後の夜に母もまた万感の思いを胸に、やさしく彼女を励ましたのだろう。

※女性セブン2014年9月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
Kと結婚間近の関根麻里 厳しい「韓流婚」に耐えられるか?
韓国人男性と結婚した日本人女性が離婚に至るまで続いた苦悩
“韓国人は王子様”などの文句に騙されカンボジア女性売買も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。