ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名倉”Seven Seas”七海、2014年エアギター世界選手権で見事優勝

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年で第19回となるエアギター世界選手権は、アメリカ、イギリス、カナダ、ベルギー、デンマーク、オランダ、日本など各国のチャンピオン7人と、現地フィンランド(オウル)で行われた最終予選となるダークホース大会を突破した8人、前回チャンピオン1名の合計16名で競われた。

出場者自身の選曲で行われる1st.ステージでは15名が競い合い、名倉”SevenSeas”七海(19歳)が1位になり、2ndステージに進んだ。

主催者側が選曲した曲で競技する2ndステージで、アメリカチャンピオンのマットアリストルバーンズと、名倉”Seven Seas”七海がともに35.3ポイントで同率首位を獲得、最後は2人きりでのサドンデスマッチ(過去初)となる、3rdステージに進み、名倉“Seven Seas”七海がマットをくだし、優勝を果たした。

日本人がエアギター世界選手権で優勝したのは2007年ダイノジ大地が優勝して以来7年ぶりの優勝となった。

名倉七海コメント
優勝して本番前はすごい緊張してたし、プレッシャーもあったけど、直前になったら自分が後悔しないようにって思って、思い切り楽しんでできた。どれだけ会場を湧かせるか、エアギターの楽しさをみんなに分け与えられたらと、自分の中で最高のものを出し切れて優勝できたから本当にうれしい。あんなにたくさんの人たち、しかも海外の人たちに伝わったのがびっくりした。
でもまだ正直実感はわきません。なんだか夢見ているみたい(笑)

ステージ1
サムライガールってコンセプトや、エアギターのパフォーマンスの間に入れた「七人切り」のパフォーマンスや、サムライの衣装など、日本らしさみたいなモノも自分なりに入れることができて、それで表現できたのがうれしいし、伝わったのがもっとうれしい。

ステージ2
ステージ1で15人中1位になったのがびっくりで、もう次のステージ2は、「やっちゃえ!」って感じで思い切りできました。

ステージ3
ステージ2の結果が、アメリカのマットと同率1位だったので、いままでのパターンだと2人とも優勝ってなるんじゃないかと聞いていたのだけど、まさかの2人での優勝決定戦になるなんて、英語もわからないし、もうびっくりしました。でも後悔しないように思い切りやるだけだと思ってパフォーマンスできたのがうれしいです。
初めての海外で夢みたいなことばかりおきました(笑)
フィンランド(オウル)もエアギターも最高!!

Nanami “Seven Seas” Nagura(JP), Air Guitar World Champion 2014

関連リンク

AIR GUITAR WORLD CHAMPIONSHIPS(エアギター協会オフィシャルサイト)http://www.airguitarworldchampionships.com/
日本エアギター協会オフィシャルサイトhttp://airguitarjapan.blog.fc2.com/blog-entry-113.html
名倉七海 オフィシャルブログhttp://ameblo.jp/nanami-nagura/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP