ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全国で一斉開始!ラウンドアバウト交差点に「これで効果あるの?」と懐疑的な国民多数

DATE:
  • ガジェット通信を≫

交通渋滞の軽減と事故防止の観点から、9月から全国的に導入されていく「ラウンドアバウト」式の交差点について、早くもその実用性に対し、疑問視する声が目立ちはじめている。

この「ラウンドアバウト」 は、交差点に進入した車両が、円形に配置された道路をぐるっと一周する形でそれぞれの目的方向へと移動していくのが特徴の交差点で、信号機は設置されていない。そのため、対向車との衝突がなく、また、円形コースを移動する性質上、減速することにもなるため、ヨーロッパなどではしばしば用いられているという。しかし、「信号がない」という特徴に反応してか、その効果を疑問に感じる人々が少なくないようだ。

「無駄な欧米化やめようや…」

「信号がないとかwww」

「逆走するバカ、右見ない女が事故起こしそうだな」

「絶対事故起きると思う」

「譲り合いで大渋滞ww」

「糞ババアがぐるぐる回ってそう」

「マイムマイムの曲流してよテンション上がる」

「一旦入ったら出られなくなる人がいそう」

「バターになっちゃう」

この「ラウンドアバウト」方式の交差点、改正道路交通法が施行される9月1日から、東京(1箇所)・大阪(1箇所)・京都(1箇所)・茨木(1箇所)・宮城(19箇所)・愛知(箇所4)・長野(4箇所)・静岡(3箇所)など、全国34箇所に設置。今年度中に15か所の追加設置を行う予定だというが、その効果は別として、あまり馴染みのない方式だけに、多くの人々が戸惑いそうな気配だ。

文・藤井一成

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP