ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビーズ、サスペンション付き自転車用クレードル「サスペンションマウント」を発売、固定したスマートフォンやビデオカメラなどの縦揺れやブレを軽減

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サスペンションによって自転車に固定したスマートフォンやウェアラブルカメラ、サイクルコンピューターなどの縦揺れや撮影時のブレを軽減する汎用クレードル「サスペンションマウント」シリーズが DOPPELGANGER ブランドより発売されました。価格は 7,000 円+税です。「サスペンションマウント」は、路面からのショックを吸収して固定した機器の向き・角度を一定に保つサスペンションを備えたアルミ製マウンタ。特徴は、「パラレルリンクサスペンション」と呼ばれるサスペンションで、自転車での走行中に固定したスマートフォンの画面が揺れて見づらかったり、ビデオカメラを固定して撮影してもマウンタが稼働してブレを軽減してくれます。写真だと構造が少し分かりづらいと思いますが、写真の例だと、オレンジのクランプをハンドルやフレームに固定し、(写真の場合)左端の筒状のマウンタに電子機器を固定します。マウンタはネジで固定するタイプなので、電子機器のホルダーやアタッチメントが対応していれば固定できる仕組みです。製品側のマウンタは着脱可能で、標準では 2 つ付属していますが、1 つにして軽量化することも可能です。中央のバネがサスペンションですね。カラバリは、ブラック×オレンジ、シルバー、レッドの 3 色。クランプの径は付属のラバーバンドで調節できるので、直径22.2mm~31.8mmのフレームやハンドルに取り付けることができます。Source : ビーズ


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、9月15日にインドでプレスカンファレンスを開催、Android One第1弾モデルが発表される見込み
インド Lava、前面フラッシュを備えた“自分撮り”スマートフォン「Lava Iris X5」を発売
ワイモバイルが音声通話対応のSIMカードの単品販売を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP