ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

夏の終わりの無気力感……もしかしたら「9月病」 かも?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
夏ももう終わり。なんだかやる気が起きない……。その原因とは?

夏の暑さも盛りを過ぎ、そろそろ秋の訪れを感じる季節。気候的には過ごしやすいはずなのに、なんとなく心身ともに調子が上がらない……。その症状、もしかしたら「9月病」 かも?

夏ももう終わり。なんだかやる気が起きない……。その原因とは?

「9月病」とは、具体的にどのような症状なのだろうか。日本睡眠学会所属の医師で、快眠サポートのエキスパートでもある坪田聡氏に詳しい話を聞いた。

「夏休みが長いヨーロッパでは、休み明けになかなか仕事モードに入れない人が急増します。もともとはこの症状が『9月病』と呼ばれたのがきっかけです。日本では、春から溜め込んださまざまなストレスと夏の暑さでたまった疲労が、9月頃に心身に不調を及ぼすことを指します」

なんとか5月病を乗り越えても、夏の暑さが想像以上に心身に負担を掛け、今度は9月病を引き起してしまう場合があるようだ。具体的には、どのような症状が現れるのだろう?

「抑うつ状態や無気力感、疲労感、不眠や過眠などの症状が一般的です。特に真面目過ぎる性格の人や、ストレス耐性が弱い人は注意が必要。不安感や焦りなども加わって、下手をするとうつ病の一歩手前まで行ってしまうこともあるので、早めの対処が必要です」

侮れない9月病の対処法についてまとめてみた。

●入眠前にはリラックス行動を
9月病の原因のひとつが不眠。不眠を改善するためには、布団に入る1時間前の行動が鍵となる。軽め内容の本を読んだり、静かな音楽を聴いたり、興奮しない程度に自分の好きなことをして過ごそう。また、38~40度の湯船に20~30分ほどつかるのも、リラックス効果を生み、安眠に効果的だ。

●「トリプトファン」 でセロトニンを増やす
脳内のセロトニンという物質が不足すると、気分が落ち込んだりイライラしたり、うつ症状を引き起こす原因となる。そこで、セロトニンの原料となる「トリプトファン」 を摂るようにしたい。「トリプトファン」 は、牛乳や乳製品、バナナ、アボカド、豆類、肉類などに含まれている。

●「悩む」 より「考える」 で問題を解決する
漠然と悩みを抱えていると、いつまでも9月病から抜け出すことができない。問題になっていることと解決法を整理して、思考を整理するのが重要だ。オススメの方法は、枕元にメモ帳を用意しておき、寝床に入ったら「直面している問題」 と「どのように解決したいか」 を書き出すこと。眠っている間に考えが整理され、朝起きた時に解決策が浮かびやすいとのこと。

夏の疲れが招く9月病。「なんとなく気分が晴れない……」と感じた時は、放置せずに、早めに対応することが大切だ。本記事を参考に、ぜひ健康な心身で下半期も乗り切っていただきたい。

(波多野友子+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。