ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『あの花』チームの新プロジェクト始動!新作は秩父を舞台にした「青春群像劇」第2弾

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年8月31日に公開されたアニメ『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』が、公開1周年を記念して8月31日に、作品の舞台である埼玉県秩父市で『あの花夏祭inちちぶFinal』を開催した。

【関連:『あの花夏祭』最後の開催決定―茅野愛衣、戸松遥、早見沙織らのトークショー&ライブも】

 そのイベントの最後で、『あの花』チームが贈る、新プロジェクト始動が発表された。

 待望の新作は、監督:長井龍雪、脚本:岡田麿里、キャラクターデザイン:田中将賀が、『とらドラ!』、『あの花』に続き再びタッグを組むもので、『あの花』に続き秩父を舞台に描かれる「青春群像劇」第2弾の劇場版完全新作オリジナルアニメーション。

 そして、制作:A-1 Pictures、配給:アニプレックス、製作:アニプレックス・フジテレビジョンで、公開は2015年が予定されている。

 なお、この発表をうけ、9月1日から『劇場版 あの花』の公式サイト内にて謎の「玉子」のイラストとともに本作の特設ページ(http://www.anohana.jp/)が公開されている。

◆長井龍雪監督 コメント◆

また3人で作品を作ることになり、嬉しく思います。『あの花』のように、沢山の人に愛される作品を生み出せるよう頑張ります。楽しみにしていて下さい。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP