ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、ChromecastのChrome拡張「Google Cast」の最新ベータ版にフルHD出力や最高・最低ビットレートの設定オプションを追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Chromecast のChrome 拡張機能「Google Cast」の最新ベータ版(14.826.0.4)に、1080p や最低・最高・最低ビットレートなどを設定できる新オプションを追加しました。今回追加された新オプションは、タブのミラーリングモード(WEB ページなどのミラーリングで YouTube などの動画は対象外の模様)で有効です。具体的には、最高ビットレート、最低ビットレート、最高フレームレート、解像度を入力して設定するか、与えられたオプションの範囲で変更可能になりました。ビットレートはテキストボックスに入力した数値が反映され、フレームレートはデフォルトでは 30fps ですが、右側のボタンで変更することができます。解像度は新たに 1,920×1,080 ピクセル(フルHD)を指定することが可能になり、1 画面の表示内容が HD よりも多くなります。これらの新オプションは Chrome 拡張機能のオプションページの「Custom mirroring settings」で利用できます。Source : Google GroupGoogle Cast Beta(利用するには正式版をアンインストールする必要があります)、AusDroid


(juggly.cn)記事関連リンク
So-net、LTEスマートフォンと音声通話対応SIMカードのセットを発売、端末はZTE Blade Vec 4Gを提供
Wear Internet Browser : Android Wear用のWEBブラウザ
エレコムがドコモネットワークを利用したMVNOサービス「SkyLink Mobile」を提供開始、780円+税から利用可能、Androidスマートフォンのセットモデルもあり

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP