体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「Moto X+1」が米Verizonの社内システムに登場、MotoMakerでも販売

9 月 4 日に発表されるMotorolaの「Moto X+1」について、米国の大手キャリア Verizon Wireless における入荷情報が流出しました。Phandroid で公開された Verizon の在庫管理システムを撮影した写真には、Moto X とは別に「The new Moto X」も表示されています。これがMoto X+1のようです。製品名が Moto X+1 になるのかどうかはまだ確認されていませんが、Moto X の後継が発売されそうなことは間違いないようです。写真には内蔵ストレージ容量 16GBと32GB、ブラックとホワイト(Bamboo バックカバー)のカラバリ情報も記されています。Moto X+1 の基本色はブラックとホワイト(Bamboo バックカバー)の2色となるようです。このほか、MotoMaker 向けの入荷も予定されていることから、Verizon では Moto X に続いて Moto X+1 もカスタマイズ可能とみられます。Source : Phandroid


(juggly.cn)記事関連リンク
ワイモバイルが音声通話対応のSIMカードの単品販売を開始
iOS用Chromecastアプリ「SmartVideoCast for Chromecast」がニコニコ動画に対応、プレミアム画質での再生も可能!
So-net、LTEスマートフォンと音声通話対応SIMカードのセットを発売、端末はZTE Blade Vec 4Gを提供

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。