ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

五月みどり 2回目の離婚は夫が定期を無断解約し信頼失う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 健やかな体をキープするための食事のこだわりや似合う装いのための創意工夫、オペラや腹話術などへのチャレンジなどの活動を軸に、前向きな生き方の源を紹介する書『五月みどりきれいのヒ・ミ・ツ』(主婦の友社)を発売した五月みどり(74才)。

 1958年、19才の時に『お座敷ロック』で歌手デビューした五月は、人気絶頂の1965年に40才の芸能プロダクション社長・西川幸男氏(故人)との結婚により、25才の若さで芸能界休業を決意。1男1女の子宝にも恵まれたが、西川氏の“力による支配”に悩まされ、離婚を決意する。

 そんな彼女が初めてレギュラー出演したバラエティー番組で出会ったのが、2番目の夫となる面高昌義氏(故人)だった。

「彼はバラエティー番組のテンポに戸惑う私に、アドリブの切り返し方など、折に触れアドバイスをくれました。優しくて頭の切れる人なので、困った時はいつも相談に乗ってもらっていて、いつの間にか夜を徹して語り合う関係になりました。前の人とは違って、彼とは同い年で何でも言い合える肩の凝らない関係で、とても心地よかったんです」

 翌1976年、五月さんはバンコクで式を挙げ、面高氏が不動産事業などを起こしたアメリカ・ロサンゼルスでの結婚生活をスタートさせた。

「海外での生活に憧れていたので、毎日が楽しかったんですね。洋書を参考に壁を塗り替えたり、家具を選んだり、庭作りしたり。油絵を始めたのもこの時でした。本当に楽しくて仕方ない時期でしたよね。

 でも、彼の会社経営が苦しくなっていって…。ある時、私名義の定期預金が無断で解約されていたんです。彼は誠心誠意謝ってくれましたが、やっぱり失った信頼を回復させることはできませんでした」

※女性セブン2014年9月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
五月みどり 一回目の離婚後それまで受けなかった仕事も受けた
五月みどり マネジャーである現夫の初仕事は3度目の離婚会見
熟女ブーム 72歳五月みどり「29年ぶりに脱いでもいいかな」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP