ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MediaFireのAndroidアプリがv2.0.0でスマートフォンの写真・動画の自動アップロードに対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ポピュラーなファイル共有サービス「MediaFire」の Adnroid アプリが v2.0.0 のメジャーアップデート版でカメラアップロード機能をサポートしました。カメラアップロード機能は、スマートフォンに保存済み、カメラで撮影した写真と動画をオンラインのストレージスペースに自動的にアップロードする機能です。デフォルトでは無効なので、利用する場合は手動で有効にする必要があります。アップロードされた写真や動画は MediaFire 上の「Camera」(カメラアイコン付き)のフォルダに保存されていきます。カメラアップロードの追加でこれまではファイル共有の用途で使っていたサービスを写真と動画のバックアップ用にも使えるようになりました。共有機能を利用して別の人にみせることも可能です。v2.0.0 ではこのほか、MediaFire 上の動画と音楽のストリーミング再生、メディアコンテンツのE メール/ SMS / 任意のチャットアプリでの共有、アプリ UI のリニューアルも行われました。アプリ UI は最近のAndroidアプリで採用の増えてきた Material Design 風に変わっています。「MediaFire」(Google Playストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS、1万円のMeMO Pad新モデル「MeMO Pad 7 ME70CX」を台湾で発売
イオン、薄型LTEスマートフォンとSIMカードをセットにした「イオンスマホLTE」を9月5日に発売、明日より予約開始
ビーズ、サスペンション付き自転車用クレードル「サスペンションマウント」を発売、固定したスマートフォンやビデオカメラなどの縦揺れやブレを軽減

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP