ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2.3GHz版HTC One(E8)が米国市場に投入される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTC One (M8)のプラスチックボディバージョンとなる「HTC One(E8)」が米 Sprint より発売されました。最初に中国で 6 月中旬に発売された HTC One(E8) は、その後、インド、シンガポール、香港、台湾などのアジア圏でも発売され、遂に北米に上陸しました。Sprint 版は北米初のモデルになります。Sprint 版の主要スペックはアジアで発売されたものと大差無いのですが、プロセッサが 2.5GHz 版から 2.3GHz 版に変更となっており、トライバンドの LTE サービス「Sprint Spart」のほか、HD Vioce や Wi-Fi Calling にも対応するなど、中身は Srint 向けにカスタマイズされています。基本スペックは、5 インチ 1,920×1,080 ピクセルの液晶ディスプレイ、Snapdragon 801 2.3GHzクアッドコアプロセッサ、2GB RAM / 16GB ROM(Micro SD 対応)、背面に 1,300 万画素カメラ(UltraPixelではない)、前面に 500 万画素カメラ、2,600mAh バッテリー、BoomSound フロントステレオスピーカーなどを搭載し、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0、NFC、DLNA、GSM/CDMA2000/LTEに対応しています。筐体サイズは 146.4 x 70.7 x 9.9mm、質量 は145g です。Source : Sprint


(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS、1万円のMeMO Pad新モデル「MeMO Pad 7 ME70CX」を台湾で発売
イオン、薄型LTEスマートフォンとSIMカードをセットにした「イオンスマホLTE」を9月5日に発売、明日より予約開始
ビーズ、サスペンション付き自転車用クレードル「サスペンションマウント」を発売、固定したスマートフォンやビデオカメラなどの縦揺れやブレを軽減

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP