ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Fotor 画像加工 : スマートフォンの写真を簡単操作で補正・加工できるAndroid用画像編集アプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

写真の補正から書き込みまでの様々な画像編集を簡単操作で行える無料の Android アプリ「Fotor」が Everimaging 社より提供されています。スマートフォンで撮影した写真をプロが撮影したかのような仕上がりにしたいという方にお勧めのアプリです。Fotor は、明るさ / コントラスト / シャープネスなどのパラメータを個別に変更したり、画像のクロップや回転、サイズ変更などを行う基本編集機能に加え、写真を自動で明るく綺麗に仕上げる自動補正機能、撮影した場所や時間帯などのシーンに合わせて最適な仕上がりに補正するシーン機能、画像にエフェクトを適用して雰囲気を変えることができる効果機能、フレームやステッカー、テキストを用いてデコる機能、背景をぼかして特定の領域を強調するフォーカス機能、画像にモザイク処理を施す機能をサポートしています。編集・補正・加工機能はかなり豊富です。なので、使いこなせるかどうか不安になるところですが、Fotor では専門用語があまり使われておらず、数回のタップ操作でほとんどの操作を行えるような初心者にもやさしい UI を採用しており、私のような素人でも難なく使いこなせるのが特徴です。アプリを起動すると、「カメラ」と「編集」の 2 つのボタンしか表示されません。「カメラ」はアプリ内蔵カメラで撮影を撮影するというものです。メイン機能の画像の編集は「編集」で行います。編集操作はアプリ画面下部のツールをタップし、各ツールのサブメニューを選択することで処理の内容を決定していきます。機能が豊富なので全ては紹介できませんが、スマートフォンカメラで撮影した写真でよく行う編集内容を 3 つ紹介します。まずは、暗く写った人物写真を明るく補正することです。次の例では、「自動補正」→「低」を利用しました。次は料理写真に背景ぼかしを入れて雑誌やレシピサイトに掲載されている風の仕上がりにすることです。次の例では、「フォーカス」→「楕円」で皿の上のパイの周囲にガイドあわせ、上の水滴スライダーを右に寄せてガイドの外側にぼかしが入るようにしました。最後は夜景です。次の例では「シーン」→「夜光」を選択しました。月明かりを多くして建物以外も明るく写るようにしています。Fotor」(Google Playストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
「Moto X+1」が米Verizonの社内システムに登場、MotoMakerでも販売
NTTドコモ、「スマートフォン for ジュニア SH-05E」のソフトウェアアップデートを開始、写真に位置情報が付加されない問題に対処
Google、ChromecastのChrome拡張「Google Cast」の最新ベータ版にフルHD出力や最高・最低ビットレートの設定オプションを追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP