ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いまにも動き出しそう!ピーナッツに描かれたリアルすぎる人物

DATE:
  • ガジェット通信を≫

有名人の肖像をモチーフにするアーティストが数多くいるなか、Steve Casinoさんの創り出す作品はひと際ユニークだ。

アメリカ中東部ケンタッキー州を拠点に活動するcasinoさんが、人物像を描くキャンバスとして用いるのは、なんとピーナッツの殻だ。

ミュージシャン、俳優、芸術家、アニメや映画のキャラクターなど、彼が描く題材は多岐にわたる。

この小さなピーナッツ人形を完成させるには、20時間もの時間を費やすんだとか。

手足には竹串を使い、特徴を捉えた外見はアクリル絵具で再現されている。

作品を見ていると、細かな手仕事に思わずほれぼれしてしまう。

手先の器用さをかなり要求される作業だが、もし秋の夜長にピーナッツを食べる機会があれば、ぜひあなたもチャレンジしてみては?

Steve Casino

http://stevecasino.com/

The post いまにも動き出しそう!ピーナッツに描かれたリアルすぎる人物 appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP