ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

香港で街歩き 「Wifi」ガイド

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いまやスマホなしの生活なんて考えられないという人も多いだろう。これも日本ならいざしらず、海外に行くと、事情が異なる。昔のように、日本から持ってきた携帯電話やスマートフォンでインターネットに少し接続するだけで高額な請求があとから届くということは少なくなったが、それでも日本で利用するより割高なのは変わらない。
海外でネットに接続するのにおすすめなのは「Wifi(公衆無線LAN)」だ。特に香港では、日本以上にWifiが普及している。とはいえ、どのWifiも無料ですぐ利用できるかというと、そうではない。
■ 香港国際空港空港内は無料、しかも無制限で利用できる。Wifiに接続すると、英語もしくは広東語で確認画面が表示されるので「同意する」を押すだけでOK。再度接続した際につながらなくなったら、最初の確認画面でもう一度、同じ作業をすれば良い。
■ 公共交通機関●香港の地下鉄(MTR):一部の駅でWifiが利用できる。ここでも確認画面で「同意する」を押せばよいが、1日30分以内の利用制限があった。●エアポートエキスプレス:車内にWifiスポットがある。●空港バス:車内でWifiが利用可能。パスワードは車内に貼ってあった。
■ スターバックス・コーヒー店内でWifiが利用できる。無料で接続できるのは30分のみ。その他、チェーン系カフェにも無料Wifiあり。
■ ショッピングモール近代的な大型ショッピングモールには、無料で利用できるWifiがけっこうある。ただし、利用時間に制限(1日30分など)があるので注意。
常時、無料でネットが利用できるわけではないが、日本や他国に比べると、無料でWifiを使える場所は比較的多いといえる。日本から持ち込んだ携帯端末、タブレット端末を利用しても、無料Wifiだと通信料はかからない。旅費を少しでも抑えるのに、いまや旅先でのWifi活用は欠かせない。
(Written by AS)

【Nicheee!編集部のイチオシ】
【チェコ・レポート2014】1日遊べる! チェコ・プラハ国際空港の楽しみ方
【イタリアレポート2014】イタリアでよく目につく「Wifi Free」カフェ
ローマのレオナルド・ダ・ビンチ空港「マクドナルド」で飛行機ウォッチング

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP