体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

はやぶさ帰還ニコ生中継・準備編

野尻blog

今回は野尻抱介さんのブログ『野尻blog』からご寄稿いただきました。

『はやぶさ』帰還ニコ生中継・準備編
小惑星探査機『はやぶさ』とのつきあいは打ち上げの3年前、小天体探査フォーラム *1 で中の人と知り合ったのがはじまりだ。

その『はやぶさ』がオーストラリアに還ってくる。この10年の集大成としてぜひとも現地で出迎えたかったが、いかんせん先立つものがなかった。「ネットがあるさ」と自分に言い聞かせ、おとなしく日本から見守るつもりでいた。

だが、当日の月齢が新月だと知って欲求がぶりかえした。降るような星空のウーメラ砂漠で、『はやぶさ』の最期を見届けたい。

*1:『MEF小天体探査フォーラム』一般公開ページ
http://www.minorbody.org/

悶々(もんもん)としながら『Twitter』のタイムラインを見たら、ちょうどドワンゴの川上会長がいた。いちかばちか「20万円くれたらオーストラリアで『はやぶさ』の取材します!」とねだってみたところ、意外にもOKがもらえた。実はそれ以前から公式『ニコニコ生放送(以下ニコ生)』で『はやぶさ』特番をやる話があって、私はスタジオ側にゲスト出演することになっていた。その段取りを勝手に変えて、スタッフに迷惑をかけてしまった。わがままを言った以上は相応の仕事をしようと思って、『はやぶさ』の帰還プロセスを徹底的に調べた。

事前に把握すべきは以下の3点だった。
(1) 再突入の時刻
(2) 正確な進入経路
(3) ビーコンの詳細

『はやぶさ』の進入経路はどうなるか?カプセルはWPA(ウーメラ制限領域)という、オーストラリア空軍とアボリジニしか入れない場所に落下する。WPAを南北に縦断するように、スチュアート・ハイウェイという由緒ある幹線道路が走っていて、この道路だけはだれでも通れる。『はやぶさ』の予想落下地点は前後100km×幅10kmほどの危険領域が設定されていたが、この領域の一部がスチュアート・ハイウェイと重なることはわかっていた。その重なる部分が通行止めになることもわかっていたが、いつ、どこが通行止めになるかはわからなかった。

『JAXA』の情報提供はかなり消極的だった。着地したカプセルが横取りされるのを恐れたのだろうか。あるいはサンプル容器が空だった場合の失望や批判を恐れて、この帰還イベント自体を盛り上げたくなかったのかもしれない。その心配は理解できるが、報道が大手マスコミに握られていたのは10年も前のことだ。ネットには熱心な支持者がいるのだから、もっと大胆に情報提供してもよかったと思う。だが、TCM(弾道調整)が順調に進んで、JAXAも次第に自信をつけてきたのだろう。声援が異様なほどの盛り上がりをみせたのも後押ししたかもしれない。6月8日、こんな図が発表された。

『はやぶさ』帰還ニコ生中継・準備編

「図は正確ではありません」というのが悩ましいが、ともかくグレンダンボから見た最高光度点の方位・仰角と時刻がわかった。最高光度になる高度は論文その他の情報から60km〜50kmとされていた。これで最高光度の直下点を三角法で割り出せた。結果は『Google Earth』上にプロットした。

『はやぶさ』帰還ニコ生中継・準備編

上図の白い線が推定した進入コースだ。推定が当たっていたのか、誤差と偶然が重なったのかわからないが、コースは速報されたカプセル着地点とぴったり重なっている。時刻が本当に現地時間なのか、相模原の宇宙研を取材した喜多充成さんに頼んで確認してもらったが、間違いなしとのことだった。

それにしても、この時刻はかなり前からわかっていたはずだ。地球は自転しているし、『はやぶさ』は弾道突入で融通がきかないから、場所が決まれば時刻も決まる。「23時ごろ」などといわず「22時52分ごろ」と発表してくれれば、生中継番組を企画できたテレビ局も多かったのではないだろうか。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy