体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デング熱、国内感染69年ぶりに発生! 地球温暖化で拡大する熱帯性感染症

Dengue virus

 東京・代々木公園でデング熱発生、都が蚊駆除

デング熱が日本で発生した。発生したのは東京の代々木公園。埼玉県と東京都が8月28日、同県の20代女性と都内の20代男性の2人、10代女性1人が国内でデング熱に感染したと発表した。国内での発症は実に69年ぶりのことだ。

3人は都内の学校の同級生で、代々木公園(渋谷区)で学園祭に向けてダンスの練習をしていたという。都は公園に生息する蚊が媒介したとみて同日夕、公園内で蚊を駆除したが、「感染が拡大する可能性は極めて低い」としている。

デング熱はウイルス性の疾患で、蚊に刺されることで感染する。熱帯や亜熱帯の全域で流行しており、東南アジア、南アジア、中南米で患者の報告が多く、その他、アフリカ、オーストラリア、南太平洋の島でも発生がある。最も日本に近い流行地は台湾。

デング熱にかかった人は、ほとんどの場合、問題なく順調に回復する。突然の発熱、頭痛、筋肉痛、関節痛が現れ、発症後3〜4日後より発疹が広がる。こういった症状は通常3〜7日程度で消失し回復する。治療せずに死亡に至る割合は1~5%で、適切な治療を行えば、その割合は1%を下回る。現在西アフリカで流行しているエボラ出血熱は致死率50%だからはるかに安全だ。

都は26〜27日に公園内でデング熱を媒介する蚊の一種で日本に広く生息するヒトスジシマカなど35匹の蚊を採集したが、ウイルスを保有する個体は確認されなかった。蚊の寿命は30日程度、行動範囲は半径50メートル程度とされ、都は28日、3人がダンスをしていたとされる渋谷門付近の広場を中心に半径75メートルの範囲で、生け垣や樹木などに約800リットルの殺虫剤を散布。周囲に金網のフェンスを設置して29日朝まで立ち入り禁止にした。

致死率が低いとはいえ、重症化してデング出血熱になると、口、目、鼻などの粘膜から大量に出血し、死に至ることもある。どんな病気で、どんなことに注意すればよいのだろうか? 流行するのはどんな場所なのだろう?

 デング熱とはどんな病気か?

デング熱(英:dengue fever)は、デングウイルス(Dengue virus)が原因の感染症であり、熱帯病の一つである。予防ワクチンは無い。

一過性の熱性疾患であり、症状には、発熱、頭痛、筋肉痛、関節痛(Arthralgia)、はしかの症状に似た特徴的な皮膚発疹を含む。治療方法は対症療法が主体で、急性デング熱にはいま起きている症状を軽減するための支持療法 が用いられ、軽度または中等度であれば、経口もしくは点滴による水分補給、より重度の場合は、点滴静脈注射や輸血といった治療が用いられる。

稀ではあるが、生命を脅かすデング出血熱に発展し、出血、血小板の減少、または血漿(けっしょう)漏出を引き起こしたり、デングショック症候群に発展して出血性ショックを引き起こすこともある。

主な媒介生物はヤブカ属の中でも特にネッタイシマカ(Aedes aegypti)やヒトスジシマカ(Aedes albopictus)などの蚊によって媒介される。ただし、ヒトスジシマカにとってヒトは主な吸血対象ではなく、デング熱の媒介はまれである。

このウイルスには4つの異なる型があり、ある型に感染すると、通常その型に対する終生免疫を獲得するが、他の型に対する免疫は短期間にとどまる。また、異なる型に続けて感染すると、重度の合併症のリスクが高まる。

デング熱にかかった人は、ほとんどの場合、問題なく順調に回復する。治療せずに死亡に至る割合は1~5%で、適切な治療を行えば、その割合は1%を下回る。しかし、重症例における死亡率は26%に及ぶ。

ワクチンや予防する薬はない。現在ワクチンの開発がすすめられている。蚊に刺されないようにすることが唯一の予防法である。そのため、防虫対策は大切である。

蚊は100円玉ほどの水溜りさえあれば、そこに卵を産み付ける。過去に流行した台湾では毎年、梅雨が明けるころ、市は殺虫剤を散布。散布時は人には害はないというが悪臭が立ちこめる。感染の広がりを抑えるために、ひたすら消毒する。これを拒否すれば最大120万円の罰金が科せられるなどの対策が取られている。

 デング熱過去の流行、日本では69年ぶり

日本で流行した69年前とは、どんな状況だったのだろうか?

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。